こんにちは、レクリヘアーの西田(@recre_shige)です。

カラーやパーマなどの薬液によるダメージを始め、ドライヤー・͡コテなどの熱ダメージ、摩擦や紫外線、外気にエアコンなど生活のあらゆる場面で毛髪はダメージを受けています。従来のヘアケアの考え方はタンパク質流出を防いだり補ったり、疑似的なキューティクルを形成したりが主でしたが、最近話題のジマレイン酸やジカルボン酸はダメージによる結合のケアという新しい方向からのダメージケアで話題になっています。

実際、今までのサロントリートメントと「どのような違いがあるのか?」検証してみたいと思います。

 

 

オラプレックスって何?

2014年にアメリカのカリフォルニア州でオラプレックスは生まれ、そのわずか4年という短い期間で140ヵ国以上で展開されています。日本は今年の2月から取り扱い可能になった非常に新しい商材です。

そんな短い期間にもかかわらず世界中のスタイリストに支持され、世界で一番使われているトリートメント。と言われているみたいです。すごいですね。

今までのサロントリートメントは、ケラチンタンパク質で空洞を埋め、コーティングするのが一般的でした。
それに対し、オラプレックスはジマレイン酸という成分で結合を強化し、毛髪に耐力を与えることで、今までの栄養補給やコーティング系の処理剤には無い補修効果を得ることが可能みたいです。「髪の傷みを軽減する次世代の処理剤」とも言われています。

 

 

ジカルボン酸の商品と何が違うの?

似た商材でジカルボン酸のトリートメントも最近人気です。

ジマレイン酸は世界特許を取得しているため、他のメーカーでは使用が出来ないので、似た効果のあるジカルボン酸が使われます。

オラプレックスの代理店に聞いたところ、最も大きな違いは「分子量がジマレイン酸の方が小さいからより効果がでる」っということを言っていました。実際検証をしていないのでどちらの方が効果があるかは分かりません。

 

 

オラプレックスの効果は?デメリットは?

オラプレックスは結合を強化するのが目的なので、通常のコーティング系トリートメントのような質感を得ることが難しいです。
ただ、他の商材と組み合わせることにより、そこら辺は解決できるかなっと個人的には思うので、そこまでデメリットになることは無いのかなと。

個人的にはパーマとの相性が気になる所です。
結合のケアということなので、かかり具合に影響があるのではないのか?っと考えます。

 

オラプレックスの効果は割と持続するみたいです。
ただ内部補強なので持続しているかどうか分かりにくいかもしれません。

っとまー
代理店の方に色々聞いてみましたが、百聞は一見に如かずっということで

 

検証してみた。

サンプルをいただいたので検証してみたいと思います。
こちらのウィックを使っていきます。


 

まず、左半分をオラプレックス+ブリーチ、右半分をブリーチのみで染めて、どれくらい違いがあるのか検証してみます。
ブリーチ剤はアリミノの250で放置タイムは20分です。

パッと見た感じ、染まり具合もダメージもそこまで違いはありません。
思っていたよりも仕上りに差は無かったですね。ダメージレベルが少ないと違いは分かりにくいんですかね?ブリーチしているけど…どーなんでしょう?

っということで

 

オンカラーしてみた

次に通常のアルカリカラーをしていきたいと思います。
アドミオのオークル8レベルで染めていきます。ブリーチ同様左側のみオラプレックスをしていきます。

 

今回は、全然違う仕上がりになりました。
見た目もオラプレックスを使用していない右側は、ダメージで中間からクセっぽくなっています

あっ!ちなみに仕上げはハンドドライではなくスケルトンブラシを使っています。
こんなブラシ⇩

 

「髪めっちゃついてるじゃん!!汚ねっ!!!!」って思いました?

毛髪強度が落ちると切れ毛が増えるので、ブローした時に上の写真のようにブラシに毛が絡まります。
そこでスケルトンブラシでブラッシングしながら乾かし、ブラシにどれくらい切れた髪がついているのかで強度チェックをしようと考えたわけなんです。

 

っでその結果がこちら

左がオラプレックスあり
右がなし

明らかにオラプレックスの方が切れ毛が少ない結果になりました。

 

 

 

パーマをかけてみた

結合のケアということなので、パーマのかかりに影響あるのか試してみます。

1液はプライアカールで放置タイム5分
2液は5+5分で左側のみオラプレックスあり

水洗後
オラプレックス側のパーマ⇩

オラプレックスなし⇩

 

なるほど。

影響あるどころかリッジがしっかり出てダレが少ないですね。2液に組み合わせることで再結合が促進されたんですかね?

二回連続でオラプレックスした髪にも、1液の還元は特に問題なさそうです。

 

 

モデルに試してみた

実際使ってみるとどうなのか?やってみました。

モデルはちゃんえり。
一度軽く洗ってブワァーっと乾かした状態です。
髪質は軟毛細毛。毛先にはハイライト(ブリーチ)をしています。
クセもあるので今時期は湿度でホワっとした毛が出てきます。

before


ドライの状態からオラプレックスを塗布して、放置して、流して

after


こんな感じです。
オラプレックスのみの結果を知りたかったので、洗い流さないトリートメントやブローはしないでブワァーっと乾かした状態です。


 

仕上がりの質感はとても軽いです。
保湿感はさほどないので通常のトリートメントと比べるとしっとりとした感じは少ないですが、圧倒的に髪がしっかりした感があります。
ほわっとした髪も出ていないのでツヤ感やまとまり感がアップします。

 

こんな人におすすめ

オラプレックスは

  • 軟毛、細毛
  • カラー毛
  • ブリーチ毛
  • 縮毛矯正している
  • 年齢とともにクセが出てきた
  • 切れ毛が多い

 

という方は十二分に効果を実感できるかと思います。
っが過度な期待は禁物かと思います。「傷んだらオラプレックスすればいいんでしょ」的な感じになると、余計なダメージを招く結果になりますのでご注意を。

 

 

 

まとめ

検証後もモデルさんを数人やらさせていただきましたが、とても良いトリートメントだと思います。

個人的にはカラーを高頻度でされる方年齢とともに髪質が変わってきたという方には、是非試してみてほしいなと思いました。

もうちょい試したいことがあるので、忘れなければアップしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

RecRe hair

TEL     047-411-7661
住所       〒274-0825 千葉県船橋市前原西3-5-14
定休日   毎週火曜日  第2・第3月曜日
営業時間 10:00~19:00

ネット予約はこちら>>>>>

RecRe のインスタグラムはこちら>>>>>

口コミはこちら>>>>>


The following two tabs change content below.
西田 重治

西田 重治

レクリヘアー代表の西田です。 10年間の下積み時代を経て2010年マンツーマンサロンRappaをオープン。数々の講習に参加し、各社ディプロマを取得。講師としても活動。 2015年、津田沼に移転し【価値ある時間】をコンセプトにRecRe hairをオープン。お客様の悩みを解決するため、ダメージレスな技術・商材にとことんこだわり、扱いやすいヘアスタイルを提供。得意な技術はカットと縮毛矯正。