こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをかけたのに自分でうまくセット出来ないと
パーマのかかりが弱い?とれちゃった?と思いがちだと思います。

仕上がりがパーマっぽくならないとそう思ってしまうと思いますが
本当にそうなのかご自身でチェックすることが出来ます。

パーマのかかりのチェック方法

 

これはもう簡単にわかります。

髪を濡らしてみるといいと思います。
髪が濡れた状態でパーマが出ていなければパーマはかかっていません
カールやウェーブが濡れている状態で緩いと感じる場合は
かかりが弱いのかもしれません。

カットをチェックしてみる

 

と言っても、ご自身の髪がどんな風に切られている
どう切ったらこうなるなんて我々でないと分からないと思います。

ですが簡単なチェック方法があります。

トップの髪の毛先と生え際の毛先を髪を下した時にどのくらいのずれがあるのか?
これを見ていただきます。

例えば、ワンレングスのようなスタイルは落ちた時の毛先が同じ位置にいます。
グラデーションやレイヤーになると毛先の落ちる位置にずれが出てきます。

このずれが大きければ大きいほどパーマが出やすくなります。(必ずそうとというわけではありませんが・・・)

なので、ご自身の髪を見てトップとサイドの生え際の髪の落ちた時のずれを確認してみて下さい
ずれが少ないほどパーマが出しにくいと感じている方かもしれません。

見極めてかけ直すか切るか

自分の当てはまるものを見極めることで解決することが出来ます。

濡れている状態でパーマが出ているので乾かすとパーマが出ない場合はカット
濡れている状態でパーマが出ていないけど毛先のずれはある場合はパーマが弱い
というような感じで考えてもらえればいいと思います。

これをもし濡れている状態でパーマが出ていて乾かしてパーマが出ない方が
そのままパーマをかけ直しすると、あまり変わらずダメージだけが出てしまうことがあります。

まとめ

 

簡単な判断方法ですが当てはまることがあれば参考にしていただければと思います。
自分で分からない場合はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。