こんにちは、ほしのです☆

キレイにかかったパーマもさすがに時間が経つと
パサつきが出てきてしまったりします。
そんな時は毛先のメンテナンス時期ですよ!

気を付けても傷むもの

どんなにパーマのかけ方を気を付けても
薬液や熱を使う以上髪はダメージしてしまいます。

その為、時間が経つと毛先にパサつきが出てきたり
まとめにくくなってくると思います。

ダメージはそのままにしておくと、さらにダメージが進んでしまうので
なるべく定期的に毛先のメンテナンスをした方が
今後のダメージを減らし、髪をキレイな状態にしてくれます。

少し切るだけで

 

少し切るだけで毛先のパサつきがおさまり
まとまりが良くなっています。

やや以前かけたデジタルパーマも残っているので
少し柔らかさが残っています。

段をつけると表面の髪が短くなり
毛先が動きやすくなります。

とれかけのパーマでも切り方ではパーマを活かすことが出来ます。
切らなければ長さは伸びますが切らないことでダメージが大切です。

まとめ

長さを伸ばしていても多少切った方が後の仕上がりに影響します。
切らないとダメージは進んでしまうので定期的なメンテナンスをおすすめします。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。