こんにちは、ほしのです☆

髪のくせがあると長さによっては扱いにくくまとまらないこともありますよね?
縮毛矯正だとボリュームがなくなって自然に仕上がらないのがいやだったりします。

デジタルパーマならクセをある程度抑えながらかけることが出来ます。

パーマ前

パーマの前はある程度長さがあったので落ち着いていますが
切るとくせが出やすくなってしまいます。

縮毛矯正だと、ボリュームがなくなってしまうのと仕上がりがまっすぐになってしまうのと
仕上がりのイメージは自然な丸みのあるスタイルなので
大き目のデジタルパーマで自然に仕上がるようにしていきました。

ロッドを大きくすることで巻いた部分のクセを落ち着かせて
自然なカールに仕上げることができます。

 

仕上がり

長さも短くなりましたが、大きめのロッドで緩く巻いたので
中間のくせが落ち着きなじみが良くなりました。
毛先には少しカールが入っているのではねにくくまとまりがよくなります。

まとめ

デジタルパーマは、カールをしっかり出す
動きを出す以外にも、くせを落ち着かせてナチュラルに仕上げることもできます。