こんにちは、RecRehairのERIです。

 

最近インナーカラーの内やハイライトを入れるためにでブリーチするお客様が増えています。
インナーカラーの場合は内側をブリーチして、より明るくしてあげると内側が目立ちます。
最近のお客様のインナーカラーをご紹介します。

 

こちらはボブのお客様です。

インナーカラーをすると同時に表面の髪もトーンダウンしました。
表面を暗くすることにより、内側が目立つように表面の髪をトーンダウンすることに。

一見、インナーカラーの部分はわかりませんが、ハーフアップやサイドの髪を耳にかけると内側のブリーチした部分がわかります!!

 

こちらはロングの方。

前回インナーカラーを入れた時に一度ブリーチしましたが、今回ももう一度ブリーチしてからカラーを載せました。

ご来店時には前回入れたインナーカラーの部分は褪色して黄色くなっていました。

この状態からもう一度ブリーチを入れてまた色を重ね、今度は毛先もほんのりグラデーションにするために少しブリーチしました。

インナーカラーの範囲が広めに入っているので、下していても内側の部分が目立ちます!!

毛先をコテで巻いたり、まとめ髪、編み込みなどをすることにより、もっとインナーのカラーの部分が際立ちます。

 

インナーカラーは入れる場所や範囲、表面の髪の明るさや色でもぜんぜん印象がかわりますので、興味のある方はぜひご相談下さい。

ブリーチをした方が、明るく目立ったり、色を重ねてもきれいで発色もいいですが、もちろんダメージを伴いますのでその後のケアも大事です!!

 

 


The following two tabs change content below.
eri

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪
eri

最新記事 by eri (全て見る)