こんにちは、レクリヘアーのERIです。

今回はハイライトとローライトについて。
インナーカラーが流行りそう!と書きましたが、ハイライト・ローライトを入れるのもOKです♪
さて、髪やメイクでも「ハイライト」と聞きますが、「ハイライト」という言葉だけで調べると・・・絵画や写真などでもっとも明るく見える部分。と書いてあります。
その明るく見える部分を、人工的に作っていきます!!

ハイライト・ローライトって?

ハイライト
ベースの髪色より明るい部分を作り、目立たせた部分。ハイライトを入れることにより、自然な感じの立体感を表現することができます。
また、軽さや動きもでるので、髪がペタッとなりやすい方も表面に入れるとボリュームアップ効果も。

 

ローライト
ハイライトとは逆でベースの髪色よりも暗い部分を作る。
暗い部分を入れることにより、影ができて奥行きや深みがでます。顔周りに入れると小顔効果にも

 

 

たくさん入れるとホイルだらけに(笑)

ホイル

ハイライト・ローライトを入れる場所や細さ、太さでも変わりますが、ベースの髪に対してチップ(毛束)で分けとり
すくい取った毛束をホイルでつつんで、他の所につかないように包みます。

カラー

したがって、入れる枚数が多ければ多いほど、頭がアルミホイルだらけになります(笑)

 

メリットも☆

ハイライトとローライトの効果を書きましたが、他にもあります。

髪への負担が少ない。
全体のハイトーンやブリーチは髪へのダメージがありますが、全部を染めずにポイントで染めていくので髪への負担は少なくなります。
ハイライトだからといって、必ずしもブリーチを使わなければならないというわけでなく、写真のように派手になりすぎないように
ベースとハイライトのカラーの明度差をあまりつけすぎないで入れることもできます。

ハイライト

 

落ち着かせたいけど真っ黒にしたくない方
いつもカラーが明るくなってしまう方や、少し明るさを落ち着かせたいけど、真っ黒にトーンダウンしたくない!という方に
ローライトはおすすめです。

毛先の白髪の浮きも解消!
カラーが細い筋状に入るので、毛先が褪色してきて浮いた白髪をなじませる効果があります。

年齢関係なく、ショート・ロングスタイルでも入れられますよ(^O^)

 


The following two tabs change content below.
eri

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪
eri

最新記事 by eri (全て見る)