こんにちは、レクリヘアーのERIです。

私たちはお客様が知っている前提で話してしまうことが多いですが
今回はカラーの色味について書いていきます。

ところでヘアカラーって何色があるの!?

以前に自分に似合う色の見つけ方(知ってて損はない!~自分に似合う色の見つけ方~)を書きましたが
骨格やパーツ・肌の色などから見て分析することも大事です。
瞳の色や肌の色から診断して、暖色系や寒色系を選んでいきます。

しかし、そもそもヘアカラーってどんな色があるの??と思っている方もいると思います。
扱っているメーカーによって少し違いはありますが、大体、レッド・ピンク・カッパー・イエロー・バイオレット・ブラウン・アッシュ・マット。
よく名前を聞くけど、実はよくわかっていないなんてこともあるのでは・・・!?

 

どんな色の種類なの?

カラー剤の中には染料というものが入っていますが、この染料の違いが色の違いとなります。

  • レッド・ピンクは名前の通り、レッド・ピンク。
  • カッパーはオレンジ系になります。
  • バイオレットは紫。お店によっても呼び方がモーブというところも。
  • アッシュは、よく銀色っぽい色と思っている方も多いですが、実は青です。
  • マットは緑。
  • イエローは黄色。

ただ、赤や緑・青などを髪に塗ったら、そのままの色にはならないので安心してください(笑)
元々の髪色+カラーの色味ということになるので、カラー剤のままの色に!なんてことはありません。

 

色味がわかったら、似合う色・なりたいイメージで探していく。

必ずしも自分のやりたい色と自分に似合う色が一致するわけではありませんが、知っておくことでより自分に似合った色になります。

【髪色イメージ】

◆レッド・・・大人っぽい、暖かい、情熱的
◆ピンク・・・可愛らしい、女性らしい、優しい
◆オレンジ・・・元気、キュート、若々しい
◆イエロー・・・都会的、華やか
◆バイオレット・・・神秘的、エレガント、知的な、上品な
◆ブラウン・・・落ち着いた
◆アッシュ・・・クールな、静かな
◆マット・・・知的な、爽やか

 

まとめ

簡単に色について説明しましたが、実際にヘアカラーをする時は
色味が決まったら、明度・彩度で調節してなりたいイメージに近づけましょう。

落ち着いた印象になりたい場合は、瞳の色と同じくらいか、それよりやや暗めにするといいと思います。
逆に華やかにしたい場合は、瞳の色より少し明るくすると華やかな印象になります。クマやシワが目立つ方はやや明るめにするのもオススメです☆

カラー

 


The following two tabs change content below.
eri

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪