こんにちは、影響されやすいレクリヘアーの西田(@recre_shige)です。

 

先日、お客様と会話していた時に「函館さいこー」的なお話を伺ったので
「久々に旅行でも行って来るか」とその日の夜にチケットを手配し、数日後旅立ってきました。

今日はその模様をお伝えいたします。

 

函館に到着

初めて函館に降り立った感想は

「雨すごっ」でした。

函館と言えばやっぱり夜景。ですが、この天気では夜景は難しそうですね。残念。

 

今回はレンタカーを借りなかったので、バスで函館駅を目指します。
予約なしで乗れますが、バスの中はほぼほぼ中国の方面から来たであろう方達でいっぱいです。

函館空港からJR函館までは約20分くらいで確か400円くらいでした。

 

函館駅に到着

 

函館駅に着いたら雨が止んでました。
「これは日頃の行いの賜物だな」と思いながらまずは朝一で腹ごしらえをしたいと思います。

 

 

朝一は函館駅前のすぐ右側にあります。
店が色々あってどこに入っていいのか分からないので、そこそこ人が入っていてかつすぐ入れそうなお店に入りました。

 

海鮮三種盛!!
めちゃ美味です。

 

お腹も満たされたので

今回の目的の一つ

トラピスト修道院を目指し、道南いさびり鉄道の木古内行に乗ります。

料金システムがバスみたいな電車です。
ぶらり途中下車の旅っぽい気分を味わえるので、たまには電車移動も良いですね。
電車に揺られ40分ちょい

渡島当別(おしまとうべつ)に到着。
初めて渡島当別に降り立った感想は

「雨すごっ」でした。

今回の旅行で一番降っていました。雨。

 

そんな土砂降りの雨の中歩くこと20分

トラピスト修道院に到着!!!!!

 

これは間違いない奴ですね。

 

 

トラピスト修道院は男の修道院なので女性は中に入れません。男性も中に入る時は予約が必要みたいです。
西田も予約してなかったので土砂降りの雨の中函館に戻りたいと思います。

 

唯一通った車。歩いている人は誰もいませんでした。

 

金森赤レンガ倉庫

一度函館駅に戻りホテルにチェックインします。
部屋で落ち着いたとん動きたくなくなり「雨降ってるしめんどくさっ」「どーせ夜景見れないし」っと急にやさぐれ始めました。がしかし、わざわざ北海道まで来たので渋々赤レンガ倉庫に向かいます。

 

モチベーションが低めなのでブレブレです。

 

 

十字街に到着。
赤レンガ倉庫と函館山はここから歩いていきます。
まず赤レンガ倉庫に向かいます。歩いて10分くらいですかね?

 

到着!!!

 

何とも雰囲気のある所で、横浜みたいな感じです。

 

 

基本雨の日は外に出ないし、まして夜の雨の日なんてもってのほかだったんですが、、、

 

 

凄く楽しいですね。雨の日の赤レンガ。

 

 

一本入ると人もいなくなり

 

 

より雰囲気があります。

 

 

楽しすぎて

 

「今なら夜景が見れそうな気がする」なと錯覚するくらい、テンションが上がりました。

そして、この気持ちを表現したいと思い撮った写真が↓

 

頭がいかれました。

 

函館山に行ってみる

テンションが上がり完全に勢いがついたので、赤レンガを後にし函館山を目指します。

 

雨も止んで「これ絶対見れるやつだ」と思い
山頂で撮った写真が↓

 

 

 

次の日も早いので帰ります。

 

2日目

2日目は早々にチェックアウトし出発します。
実は、昼の便で帰って夜セミナーに行かないといけないので尺短めです。皆様旅行に行く際は計画的に。

まず向かった先は立待岬。
函館駅前から路面電車で谷地頭駅を目指します。

 

立待岬

立待岬とは

立待岬(たちまちみさき)は、北海道函館市住吉町にある、津軽海峡に面したである。

函館山の南東に位置する。津軽海峡につきでた断崖上にあるため展望が良く、天気の良い日には下北半島を望むことができ、また夜には津軽海峡上のイカ釣り漁船に漁火が見られ、付近には与謝野鉄幹晶子の歌碑も設置され、函館の観光スポットとなっている。

参照:Wikipedia

途中、石川啄木の墓を突っ切って行かないといけない何とも言えない場所にあります。
夜とか行ったら絶対怖いです。行っていいのか分かりませんが。

そして案の定、道に迷いました。

地元のおばちゃんに道を教えてもらい、墓地を抜けると

 

絶景な立待岬に到着。
谷地頭駅から20分くらい歩いた気がします。

 

快晴だと青森が見えるらしいです。
けっこう風があって寒いですが、おすすめな景観ですので函館に行く際はぜひ。

 

続いて

トラピスチヌ修道院

を目指します。
一度函館駅に戻りそこからバスで向かいます。
40分くらいで400円くらいだった気がします。

バスから降りると、ほぼほぼ中国の方面から来たであろう方達でいっぱいでした。

 

こちらの修道院はトラピスト修道院と逆で、女性の修道院になります。

 

 

植木も建物も全体的に曲線が多く女性の修道院って感じがします。

 

お土産なども購入できます。クッキーが美味でおすすめです。

ちなみにバスは一時間に一本しかないので、そのままトラピスチヌ修道院で時間をつぶすかタクシーを呼ぶか歩くかになります。
西田は25分かけて函館空港まで歩きました。おすすめはしません。

 

まとめ

だらだらと函館旅行に着いた書きましたが
函館行ったのに「雨が降って夜景見れないじゃないか。こんちくしょーめ」というときにでも参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

RecRe hair

TEL     047-411-7661
住所       〒274-0825 千葉県船橋市前原西3-5-14
定休日   毎週火曜日  第2・第3月曜日
営業時間 10:00~19:00

ネット予約はこちら>>>>>

RecRe のインスタグラムはこちら>>>>>

口コミはこちら>>>>>


The following two tabs change content below.
西田 重治

西田 重治

レクリヘアー代表の西田です。 10年間の下積み時代を経て2010年マンツーマンサロンRappaをオープン。数々の講習に参加し、各社ディプロマを取得。講師としても活動。 2015年、津田沼に移転し【価値ある時間】をコンセプトにRecRe hairをオープン。お客様の悩みを解決するため、ダメージレスな技術・商材にとことんこだわり、扱いやすいヘアスタイルを提供。得意な技術はカットと縮毛矯正。