こんにちは、ほしのです☆

 

パーマをかけたのにあまりかかっていない、かけ直してもあまり変わらない
とご相談いただいたのでどうしてなのか見てみましょう!

 

ご来店の状態

パーマがかかっていないとご相談いただいたのでまずそのままの状態でムースをつけてみると
どうやらパーマ自体はかかっていそうですね!

五来手インいただいた状態でムースをつけてパーマの確認をしましたが
髪を濡らす事でも確認はできます。

基本的には、髪が濡れた状態でパーマが出ていればパーマ自体はかかっています。

 

何でパーマが出ないのか?

パーマ出にくい理由はいくつかありますが今回の場合

・あまり段の入っていないカットで動きが出にくい

・髪質や髪の状態ではスタイリング剤お使わないとパーマが出にくい

・ダメージで乾かすとだれてしまいやすい

が主な理由だと思われます。

 

なので今回は、毛先のダメージをとってパサつきを抑え
段をつけて毛先の動きを出し、ムーズでパーマを復活していくことに

 

仕上がり

 

だいぶ髪のダメージが落ち着いたんではないでしょうか?

毛先のダメージをとり、段をつけたことで毛先の動き方も変わっているので
カット前だと毛先に行くにつれて広がっているように見えましたが、サイドにボリューム、柔らかいイメージになってます。

 

ムースはなじみやすく、保湿効果もあるのでダメージでパサつきやすい髪でも
しっとり仕上げてダメージを抑えてくれるので、広がってしまいやすい方や
パーマのウェーブ寄りのスタイルには使いやすいスタイリング剤です。

 

まとめ

 

パーマが出にくかったりかかりにくいのには基本理由があると思います。
パーマがかかっていないと思ってかけ直しをしてしまうとその分ダメージの原因になってしまうので
本当にかけ直しが必要なのか見極めが大切です!