こんにちは、ほしのです☆

パーマが綺麗にかからない!

パーマのかかりは、髪質、ダメージ度合いによって変わってきますが
髪型も関係あることを知っていますか?

何度もパーマをしているけどなかなかパーマがかからない
という方はこれからいうことを気にしてみて下さい!

本当にパーマがかからない?かかりにくい?

単純に髪質がしっかりしているとかかりにくい
髪質がやわらかいとだれやすく仕上げるととれてしまう
ダメージの関係でパーマが形をキープできないなどが主な理由なんですが

パーマをかけたばかりなのに上手く出せない、乾かすとほとんどなくなってしまうという方が
パーマをかけにご相談に来ていただくことがあるんですが実は大体の方がパーマはかかっているんです!

ダメージや実際にかかっていない場合は別の話なんですが

パーマはかかっているのにどうしてパーマが出ないのかって思いますよね?

まず、パーマの出が悪い場合にまず確認していただきたい事!

髪を濡らした状態でパーマが出ているか出ていないか?

これをまず確認していただきたい!
この状態で毛先がだれていないパーマがかかっていればパーマ自体には問題はないと思われます。

それじゃあ何でパーマが出ないのかを言うと
ヘアースタイルに問題があります。

例えば濡れている状態でパーマがかかっていたとしても
乾かすと

こうなってしまう・・・

だからパーマがかかっていないから
もっと強くかけないと、パーマをかけ直そうとなりますよね?

そこでかけ直してしまうと、余計なダメージを受けてしまったり
イメージしてたパーマスタイルとは違う形になってしまう(ウェーブの強いスタイル)

ということになりかねません。

ここで一番しないといけないことは

カットです!

なぜカットをするのか?

それは、写真のスタイルを見ると分かりますが
ほとんど段が入っていないワンレングスに近いスタイルです。

ワンレングスは表面(トップ)の髪を生え際の髪の落ちる位置が同じ位置になるので
まとまりがよく動きが出にくいスタイルになります。

その為せっかくかけたパーマも生きにくく
乾かすことによってまとまってしまうためパーマが出なくなってしまいます。

なので大半の方は少し段を付け直すことで

パーマをかけ直す必要もなくパーマを出すことが出来るようになります。
これがよくあるパーマが出ない理由です。

(イメージの形にするために必要以上にパーマ部分を切る場合や実際にかかりが弱かった場合などはかけ直すこともあります)

こういった形でパーマが出ない理由は改善されますが、やっぱり一番いいのは、もともとパーマの出やすい形でパーマをかけると
強い力のパーマをかける必要も無くしっかりかけることが出来るのでまずはカットで動きがしっかり出ているかが大切です!
そうすることで必要以上のダメージも受けずにパーマを楽しむことが出来ます。

ご相談ください

パーマをかけたけどうまく出せない
パーマのかかりが悪い

パーマでうまくいったことがない!

という方はまずかけ直す前にカットから相談ください!

パーマが必要な場合、そうでない場合しっかりお伝えしたうえで
改善していきます。

ネット予約の際はホットペッパーに星野限定クーポンがありますので
その際は星野指名の上ご予約いただければと思います。

お待ちしております

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。