こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをかけて次の日、自分で仕上げてみたら思ったように仕上がらない
美容室で仕上げた時とは違うなど感じていませんか?

自分でうまくセットできない場合は、しっかり原因を把握して
どうなっていれば改善できるのか?セルフチェック方法をご案内します。

ご自身でチェックしてみてもし当てはまった場合はご相談下さい。
自分で仕上げやすいデジタルパーマスタイルに仕上げます。

 

デジタルパーマが上手く出せない時のチェックポイント

  1. 濡れている状態でパーマが出ているか?
  2. 毛先の落ちる位置にずれがあるか?
  3. ドライヤーを使っているか?
  4. スタイルに合ったスタイリング剤を使えているか?

このポイントをチェックすることでご自身でスタイリングできるかできないかが分かってきます!

 

1.濡れている状態でパーマが出ているか?

パーマは土のパーマも基本的に濡れている状態が一番パーマが出ています。
まず髪を濡らしてタオルドライをしてみてパーマが出るかを見てみて下さい!

もしその状態であまりにもパーマが弱いとご自身で乾かした際に
ゆるくなってしまいパーマがしっかり出ない可能性があります。

 

2.毛先の落ちる位置にずれがあるか?

写真を見ていただくと、表面の毛先の落ちる位置
一番下の毛先の位置に違いがあるのが分かると思います。

パーマスタイルはこういった毛先のずれによって動きが多くなってきます。
ご自身でチェックする際は、トップの髪と襟足の髪を少しつまんで
自然に落ちる位置で見てずれがあるのかを見てみて下さい。

その時にずれがないと動きが出にくい状態なので
ご自身で動きを出そうと乾かすのは難しい状態だと思います。

 

3.ドライヤーを使っているか?

デジタルパーマを仕上げる際にドライヤーを使っていますか?

自然乾燥、頭を洗い終わった後しばらくそのまま放置をすると
パーマが出にくくなってしまいます。

髪を濡れたままにしとく時間が長いほど水分の重さでパーマが緩くなってしまいます。
根元のボリューム感も落ちてしまうのでふんわりも仕上がりにくいため
なるべく髪が濡れている時間を短くすることでいい状態に仕上げることが出来ます。

 

4.スタイルに合ったスタイリング剤を使えているか?

仕上げたパーマスタイル、髪質などによってスタイリング剤やアウトバストリートメント選びは重要です!

髪のダメージが気になるからしっかりオイルなどをつけて乾かすなどいいことなんですが
かえってオイルの重さがパーマを出しにくくしてしまうこともあります。

ワックスやムースなどのスタイリング剤も、仕上げたいイメージの質感のものを使えているのか?
セット力の強弱なども大切になってきます。

家にスタイリング剤があるからとりあえずそれを使う・・・
今のスタイルに当てはまっていればいいですが相性が悪いこともあるので
パーマをかけた時はそのスタイルに合ったものを教えてもらうようにするといいと思います。

 

当てはまるものがあったら

特に1.2.のポイントが当てはまる時は髪の状態を一度見せて下さい!
パーマをかけ直す必要があるのか無いのか?カットで改善できるのか?を
提案させていただきます。

3.のポイントはすぐにできることだと思うので
もしドライヤーを使っていなかったら試してみて下さい!

4.はスタイリング剤だけでもご来店いただければ
髪質やスタイルに合ったモノを選ばせていただきます。

市販品など合うものがあればいいんですが何が自分に合うのか分からないと思います。

その他にも気になることがあればお気軽にご相談いただければと思います。