こんにちは、ほしのです☆

パーマとカラー両方すると髪のダメージもその分多くなります。
そうするとどうしてもどちらかにかたよりがちになってしまいますよね?

パーマを優先するか、カラーを優先するかそれによって気を付けることが変わってきます。

 

毎回毛先までのカラーは危険

毎回毛先までのカラーを繰り返してしまうと毛先のダメージが進んでしまうので
髪のダメージが多いほどパーマが綺麗にかからなくなってしまいます。

カラーも時間が経つと毛先が明るくなってくるので色を入れたり
暗くしたりなどすると思うんですが、パーマもかける場合には毛先まで染める時と
根元だけの時とで分けることで毛先のダメージを極力へらしパーマをかけられる状態を維持する必要があります。

特にブリーチなどをされた髪は髪の負担が大きくパーマが寄りかかりにくい状態になってしまいます。
最近はポイントでインナーカラーやメッシュなども多いですが、部分的に染める場合も
髪のダメージが部分的に変わり、パーマの仕上がりも部分的にかかりくくなってしまったりします。

 

パーマ優先で楽しむなら

パーマ優先、パーマを綺麗に仕上げながらカラーをする場合は
なるべくカラーをしないのが一番なんですが、その中でもカラーをしていく場合

なるべく明るさを8レベル以下で染めていくことをおすすめします。

8レベルくらいだとハイトーンよりも髪の負担も少ないのもありますが
色が抜けて来てもキンキンになりにくくなるので毎回のカラーも
根元中心で良くなると思います。

そうすることで毛先の負担を減らしパーマをいい状態でかけられるようにしていくと良いと思います。

 

まずはご相談ください

現状どうなっているかを見させていただいた上で
今後のプランを一緒に考えて行けたらと思います。

パーマを綺麗にかけたい、パーマとカラーどちらもしたい
今の髪の状態を良くしていきたいなどありましたらご相談ください。

今はパーマかけられないからだろうからという方も
まずはご相談からお待ちしております!