こんにちは、ほしのです☆

今回のお客様は、先日コールドパーマをかけたもののあまりかかっていない
ということで、デジタルパーマならとご相談いただきました。

 

ご来店時の状態

 

パッと見て確かにパーマ感はほとんどなく
何となく大きなうねりがありますがこれではパーマという感じでは無かったです。

濡らした状態を見てもあまりパーマ感はそこまでなく
ご自身でパーマを仕上げるには難しい状態でした。

今回のパーマがかかっていない原因で予想できることは主に2つ

1つは髪のダメージを気にして薬液が甘かった
もう一つは、よくあるパターンの、段の入っていないヘアスタイル

毛先がかなり軽くなっているので多少動きは出るかもしれませんが
やはりベースに段が入っていないと毛先は動きにくく

この状態でしっかりパーマをかけるには強めの薬液でしっかり動かさないとパーマが上手く出にくいので
そういったことが原因でパーマが出なかったんではないかと予測できます。

 

デジタルパーマで改善

パーマ前に段を付け直してパーマをかけました

デジタルパーマなのでもちろん大き目でも弾力のあるカールに仕上がりますが
表面からの毛先のずれが動きをしっかり出してくれるので
強い薬液を使わなくてもしっかりパーマをかけることが出来ます。

段がはいっている方が毛先が動きやすくパーマも出やすいので
ご自身でも扱いやすく簡単に仕上げることが出来るので
パーマが扱いにくいときは動きの出やすい形になっているかを気にしてみると原因が分かります。

 

ご相談ください

パーマが上手く出ない、ちゃんとかかっていないということには
何か原因があるのでそこをしっかり美紀分けることが出来ないと
改善もできません。

パーマの事で悩みがありましたらお気軽にご相談ください。