こんにちは、ほしのです☆

パーマをかけてからしばらくすると長さや重さがでて来るので
だんだんとパーマが出にくく扱いにくさを感じてくると思います。

濡れている状態だとしっかりパーマが出ているのに
乾かすとパーマがなくなってしまうという方はカットで扱いやすくしてあげるといいと思います。

 

パーマから4カ月

以前パーマをかけてから4ヵ月、さすがに長さも重さも出てきますよね?

長さが伸びるとボリュームが下がってきて、根元も量が増えるので
乾きにくくなってきたり動きが出にくいのでパーマが上手く出せなくなってしまいます。

髪を濡らしてみると、パーマ感はまだしっかりあるので
伸びてきたことが原因でパーマが扱いにくいことが分かります。

パーマ部分を切りすぎてしまうとなくなってしまいますが
必要な部分は残しいらない所を切ってしまえば、また扱いやすいパーマを復元することが出来ます。

 

仕上がり

毛先はダメージをとるくらいにしてパーマを残し
表面の長さはパーマが残る範囲でしっかり切って動きが出るように仕上げました。

ヵっと前と比べると軽さが出てパーマ感がしっかり出ているのが分かります。

パーマは残り方次第でまだまだ活かせえる場合があるので
動きが出にくくなって来たらカットで調節することでもちのいいパーマを楽しむことが出来ます。

 

 

ご相談ください

パーマが扱いにくい、上手く出せない、かけ直した方がいいの?

などパーマで気になることがあればお気軽にご相談ください。
今必要なものが何か?お手入れまでしっかり提案させていただきます。