こんにちは、ほしのです☆

パーマにもかけ方によっては仕上がりが様々です。
動きを出すためのパーマ、お手入れをしやすくするためのパーマなどなど
目的によって変わってきます。

今回は、まとめるためのデジタルパーマ!

パーマ感は出したくないけど手入れは楽にしたい

長さがちょうど肩下で肩に当たってハネやすく
髪質もしっかりしているのでご自身では扱いにくのでパーマでお手入れを良くしていくんですが
パーマ感はあまり出したくない!

パーマ=ウェーブ、動きなイメージがありますが
実際には目的によってかけ方があるのでまとめやすく、扱いやすくしたい時には
ほとんどパーマ感を出さなくても乾かしたら内巻きに仕上がるなどのパーマもあります。

 

デジタルパーマのワンカール

濡れている状態で毛先にややカールがある状態に仕上げました.

パーマは基本的に乾いた時よりも濡れている時の方が強く出る為
濡れている状態でこのくらいのパーマなら乾かしてもそこまでパーマ感は出さずに
内巻きに仕上てくれます。

デジタルパーマは乾かすだけで形になるので
特にブローなどをしなくてもこの状態に仕上がるので
お手入れが簡単になります。

パーマは緩いとすぐ取れてしまいそうですが
デジタルパーマの場合カールにハリがありしっかりかかるので
切ってしまわない限り緩めのパーマでも長くスタイルをキープしてくれます。

パーマ感を出したくないけど手入れを楽にしたい方には
おすすめのパーマのかけ方です。

 

ご相談ください

貴方に合ったパーマ、目的に合ったパーマ
ライフスタイルに合ったパーマなどなど

様々なパーマを提案させていただきますので
パーマで悩んでいたらお気軽のご相談ください。