こんにちは、ほしのです☆

以前、あえて失パーマが上手く出せない失敗をしてみたんですが
今回はその失敗をカットで直してみます!

デジタルパーマのよくある失敗を再現してみた。

※注意
あくまでかかっているパーマで出来るだけ動きを出せるようにするんですが
この方法で必ず改善できるというわけではありません。

 

前回のおさらい

前回はまずコテで巻いてその部分にパーマをかけたんですが
カットに動きがないのでパーマがかかっていても乾かした時に
パーマが上手く出ない状態に仕上がりました。

パーマはカットで動きを出すことで乾かした時に自分でも仕上げやすくなるので
カットが動かないスタイルだとパーマもうまく出ないんです。

今回は前回かけたパーマに合わせてなるべく動きが出るようにカットで
調節していきたいと思います。

 

髪を濡らした状態でまずパーマの確認

乾かすとパーマが出なくててもパーマがかかっていれば濡れている状態ならパーマは出ます。

まず髪を濡らしてパーマがどこからどのくらいかかっているかを確認して
どのくらいパーマを活かせるのか?通常ならお客様と相談しながら決めていきますが
今回はウィッグなので出来るだけパーマが出やすい状態にしていきたいと思います。

乾いた状態だと毛先にしかカールが無かった髪も
濡らしてみると耳位からのパーマがかかっているのが分かります。

表面から毛先のずれを作ってそれぞれパーマが出るように段をつけていきます。

 

カットでパーマを出やすく

 

右側半分を下の長さは今回はのこして表面からレイヤーを入れて毛先のずれを作りました。
最初の状態だと表面が長くウエーブのような感じでしたが今はカールの重なりが表面からの動きになっています。

この状態で乾かしてみると、カット前までだれていた中間も動きやすくなったことでパーマが出やすくなるので
この状態でやっと自分で仕上げやすいパーマになります。

更にスタイリング剤などを使うことでよりしっかりパーマ感を出すことが出来ます。

今回はもともとかかっているパーマに合わせて切ったので、形などにはこだわらずパーマを出すことを中心にやっていきましたが
本来はまずカットが決まってからパーマをかけるのでそれが最初から出来ていれば何の問題もなく
イメージのパーマをかけることが出来るのでなるべくは今回みたいなことが無い方が良いですね!

 

ご相談ください

 

パーマが上手く出せない、パーマが上手くかからないなどには
原因があるのでそこが分かれば改善にもつながります。

お気軽にご相談いただければ貴方に合ったパーマを提案させていただきます。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。