こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマがとれてきた
パーマが自分でうまく出せないそんな時に
パーマのかけ直しを考えると思いますが
その前に確認しておいてもらいたいことがあります!

本当にパーマがとれているのか?

パーマをかけ直すにあたって僕がよく気にすることは
本当にパーマがとれているのか?です。

ヘアースタイルを仕上げてパーマが上手く出ないと
おそらくとれてしまったんではないかと思うはずでです。

もちろん期間があけばパーマはゆるくなりますし
切っていくことで毛先に丸みもなくなっていきます。

ですが、場合によってはパーマが残っているけど
パーマが上手く出せないということがあり
そうなるとかけ直そうとなると思います。

 

パーマがとれているかとれていないかのチェック方法

普通のパーマにしてもデジタルパーマにしても
チェック方法は同じで、髪を濡らすだけです。

パーマは濡れている状態が一番出やすく
この状態でかかっていればパーマは残っているということになります。

もちろんスタイルによっては、ボリュームの欲しい位置にパーマがない場合は
かけ直しが必要ですが、毛先がカールしていれば
無理にかけ直すっ必要はなかったりします。

なのでパーマが出にくい、自分で出来ない時は
まず濡れている状態を確認してみましょう!

パーマをかけたばっかりで出来ない時もおなじで
濡れている時にパーマが出ていればかかってはいます。

パーマはかかっているけど出せない理由

パーマが上手く出せない理由として
ヘアスタイルに原因があります。

パーマは毛先にのずれによって動きが出ます。
なので毛先のずれがない、少ないスタイルはパーマが出にくくなってしまいます。

たとえばワンレングス

ワンレングスは内側と表面の落ちたいちが
同じになるスタイルでまとまりやすいですが
毛先がそろっているのでこのスタイルにパーマをかけてもほとんど動きません(細かいウェーブは別)

コテで巻くようにパーマをかけても同じようには仕上がらないので
この状態でパーマをかけると

濡れている時は出ますが、乾かすと中間のパーマはほとんど動かず
ケア気に少し丸みが付くくらいのスタイルになります。

経験がある方もいると思います。

それがパーマの出ない、自分で出せない理由になります!

まとめ

パーマがかかっているのに出せない時は
カットをするだけでパーマが出やすくお手入れもしやすく
なる時がありますので、濡れている状態でパーマが出るなら
かけ直す前に一度カットをしてみてもいいかもしれませんね!

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。