こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマはロングやミディアムだけでなく
巻ける長さがあればショートにもかけることが出来ます!
デジタルパーマはカールに弾力があるので、毛先に動きがしっかりでます。

今回の撮影はショートのデジタルパーマスタイルを作りました。

デジタルパーマならではの動き

乾かす前の状態、濡れている時にパーマが出ていれば
乾かしても同じように仕上がります!

このままでも雰囲気がいいので、スタイリング剤は
ウェット系のもので仕上げても良さそうですね!

乾かすとこんな感じです。
特に乾かし方などに意識せず乾かしました。

デジタルパーマの特徴の多きカールがしっかり出ているので
スタイリング前でも無造作感が出ています。

従来のパーマだと乾かすと緩くなってしまいがちなので
乾かし方に気をつけたり、スタイリング剤でパーマを出さなくてはいけませんが
この状態ならちょっとのスタイリング剤で十分そうです。

仕上がり

スタイリング剤をつけることで、毛先の束感や
方向性をつけられるので、より無造作感が出ます。

ラフなスタイルなので、丁寧なスタイリングより
毛先を散らすくらいの方が軽さも出て簡単に仕上がるので
硬めの髪や、毛量が気になる方にもいいと思います。

まとめ

デジタルパーマでもショートからロングまで幅広く対応できます。
まとまりのあるスタイルから動きのあるスタイルまで
なりたいスタイルを簡単に作れるようになります。