こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをかける上でダメージの原因になる
薬液や熱の影響でどうしても髪がダメージしてしまいますが
ダメージを極力減らすためにやっていること

薬液は事前にチェック

初めてご来店されるお客様は
今までパーマやカラーをどれだけしてきたか
普段のお手入れをどうされているか、聞くだけでは
完全に分からないので髪の状態の判断はよりしっかりしなくてはいけません!

必要以上の薬液以上の薬液を使うと髪は傷み
必要以下だとパーマはかからず、かけ直しになるとよりダメージの原因になったりします。

パーマは基本カットからしていきます。
デジタルパーマはロッドを巻く前に薬液をつけるので
切った髪をあらかじめ薬液テストを行うことで
反応を見ることが出来ます。

その為、髪に合った薬液をパーマを実際にかける前に
分かるので、髪の負担が少ないパーマをかけることが出来ます。

パーマは、薬液を強くしたから強いパーマがかかる
薬液を弱くしたから優しいパーマがかかる
というわけではなく、今の髪に合う薬液で
強く、又は弱くかけることで狙い通りの
扱いやすいパーマがかかるので
薬液えらびはものすごく大切なことです。

パーマのダメージが不安な方
初めてパーマかける方
初めての美容室にいく方はその点を気を付けると
ダメージの少ないパーマがかけられると思います。