こんにちは、ほしのです☆

主に、デジタルパーマのブログを書いています。
もちろんカラーや他の技術もできます。

だけど、デジタルパーマが好きなんです。
先日、お客様とデジタルパーマの話をしていたんですが
そこで、やっぱりデジタルパーマはいいと再確認しました。

なんでデジタルパーマなのか?

以前にも同じようなブログ路書いた気がしますが
カラーでもなくパーマでもなく、縮毛矯正でもなく
なんでデジタルパーマなのか?

・もちろん、パーマスタイルが好き!
ハイ、好きです。

・手入れが簡単!
お客様ご自身で簡単に再現できると思います。

・見た目がキレイ
熱処理をするので、クセやパサツキを抑えることもできるので
仕上がりがキレイに見せることもできます。

パーマをかける上で大切なことだと思います。

だけど、それだけじゃないんです。

例えば、カラーをする目的を考えてみました。

色を変えたい、軽く見せたい、動きが欲しい
白髪が気になるなど他にもたくさん会うと思いますが

まとめると、雰囲気を変えたり悩みを解決したい
ということだと思います。

大切なことですよね!

やっぱり気分が変わったり悩みが解決されれば
気持ちも前向きになって気持ちよく過ごせると思います。

 

僕は、それをデジタルパーマでやりたいんです。

もちろんパーマでは白髪は染まりません、色も変わりません。
だけど、雰囲気を変えることや悩みを解決することができます。

カラーは色が変わりますが形は変わりません。
パーマは形を変えることができるのでスタイルの幅が無限にあります。

 

 

ちょっと話は変わりますが

カラーもパーマも薬液を使います。
最近は、ダメージが少ない、刺激が少ないなど
色んなものが出てきています。

ですが、ダメージがないわけでもなく
刺激がないわけでもないんです。

基本的に僕は、薬液は少なからず害だと思っています。
使わなくてよければできたら使いたくない。

どんなにいいものでも、間違いなく体にいいものではない。

そう思ってます。

髪は勝手に伸びてきます。
髪が傷んでも伸びてきます。
だけど頭皮は日々衰えていきます。
髪を作るための頭皮が悪くなるということは
生えてくる髪も悪くなってきてしまうかもしれません。

長くヘアスタイルと楽しむためにはいかに頭皮を大切にするか?
何じゃないかと思います。

そこで考えてみると、カラーは基本的に地肌から薬液を塗ります。
なので、もしかしたら頭皮に対して少しずつ負担になっているかもしれません。

コールドパーマも薬液が液体なので、頭皮につたってしまいます。

しかし、デジタルパーマは
クリームの薬液なので液垂れもなく
基本的に根元からパーマをかけることもあまりないので
地肌に薬液がつく心配が少ないんです。

もちろんカラーやコールドパーマがいけないという訳ではありませんが
デジタルパーマならこれから生えてくる髪に負担が少なく
長くヘアースタイルを楽しめる技術なんじゃないかと思います。

お客様とそんな話をしながら改めてデジタルパーマは
スタイルや手入れ今後のことまで考えたうえでいい技術だと思いました。

 

まとめ

ちょっとよくわからない話になってしまいましたが
これからもデジタルパーマの技術や知識を向上していきたいと思います。

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。