こんにちは、ほしのです☆

パーマをかける時、基本的にイメージの写真や仕上がりの話をして
後は担当の美容師さんに任せると思います。

でも、仕上がるまではお客様自身はどうなるのか分からないですよね?
なので今回は、僕がデジタルパーマでよく使うロッド別のカールの違いを比べてみたいと思います。

はじめに

今回は、回転数などは無視して、同じ長さに同じ薬液で
巻けるだけ巻いてパーマをかけていきます。

IMG_7797

左から18mm.20mm.22mm.24mmのロッドを巻きました。
ロッドの大きさなんて言われても分からないかもしれませんが

例えば18mmでロッドに髪を一回転巻くには5.5cm必要です。
ワンカールに仕上げたい時は8.5cmの長さが必要で
髪の長さや仕上がりによってロッドのサイズを変えています。

 

比較してみた

ドライヤーを使うと乾かし方で違いが出てしまうので
自然乾燥で仕上げました。

18mm

IMG_7799

中間から毛先までしっかりパーマが出ています。

 

20mm

IMG_7800

中間か弱いですが毛先はしっかりカールが入ってます。

 

22mm

IMG_7801

中間から毛先にかけて緩いカールです。

 

24mm

IMG_7802

根元から中間までナチュラルなカールというより丸みがついています。

 

髪が同じ長さでも、巻き込み回数やロッドの大きさで
これだけパーマに変化が出ます。

細ければ回転数が増えるのでウェーブっぽく
太ければカールやナチュラルな丸みが出ます。

 

まとめ

ヘアカタログやカウンセリングではわかりにくい所があると思います。
自分自身で作ったデジタルパーマスタイルだけのヘアカタログなんかを作りたいですね。

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。