こんにちは、ほしのです☆

先日、デジタルパーマをかけさせていただいてから約2週間
時間を空けてカラーをしに来てくれました。

パーマとカラーはなるべく間を開けた方がいい

パーマとカラー両方されている方は
もちろんどちらかだけの方よりも髪のダメージは起こりやすく
特に同じ日の施術になるとより髪に負担がかかりやすくなってしまいます。

もし両方したい場合は、出来るだけ間を空けたり両方する場合には
カラーをリタッチ(根元染め)にした方が髪の負担が少なくなります。

 

2週間後にカラー

パーマあとの全体染めはできれば2週間は開けた方がいいと思います。

IMG_7810

ご来店いただいた時の状態は、前回かけたデジタルパーマは大丈夫そうで
ご自身でもキレイに仕上がっていました。

IMG_7811

カラーをしに来たので今日はスタイリング剤をつけていないそうですが
これでスタイリング剤をつけていれば仕上がりは問題なさそうですね!

ただ、カラーがぬけて毛先が黄色っぽくなってきているので
パサつきや傷んで見えやすくなってしまいます。

デジタルパーマをしたので2週間開けてからカラーをしに来てくださいました。

 

カラー後

 

IMG_7822

季節的に、あまり暗くせずアッシュ+透明感で
デジタルパーマの柔らかさをより強調する感じで仕上げました。

そこまでトーンを落とさなくても、黄色味がなくなり
色も均一になると、パサつきやダメージも落ち着いて仕上がりがキレイに見えますね。

 

まとめ

髪が傷むと、パーマが出にくかったり、仕上がりがパサついてしまったり
とれやすくなってしまったり、カラーも色持ちが悪くなってしまいます。

なのでパーマの後にカラーをするときはなるべく時間を空けることをオススメします。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。