こんにちは、ほしのです☆

よく、低ダメージや傷まないパーマ
パーマ液のほとんどトリートメント成分だから
髪の負担にならないって・・・

薬液が優しければいいってもんでもないんですよ。

そもそも薬を使う以上髪は傷む

どんなに力の弱い薬だろうが
ほとんどがトリートメント成分だろうが
パーマをかけるには薬剤の力が必要になります。

つまり間違いなく髪の負担にはなってしまうということになります。

パーマ液に含まれるトリートメント成分が
髪の手触りや、ツヤ感などを出してくれるので一見傷んでないように感じてしまったり
デジタルパーマなどの場合、元々のクセが落ち着くので
広がりやパサつきがおさまって髪がキレイに見えたりするので
一見傷んでないような気がしてしまいます。

 

髪質はやダメージは人それぞれ

髪質ってみんな同じじゃないですよね?
太い、細い、硬い、柔らかい、色々あります。
ダメージの度合いも普段のお手入れの仕方やカラーやパーマをどのくらいしてきたか?
で変わってきます。

例えば、健康毛で髪が太い方と、細い方がいたとして
髪が健康だからといっても2人とも同じにはなりませんよね?

カラーを1回いした人と2回した人ではダメージも違いますよね?

何が言いたいのかというと

つまり

 

使う薬もみんな同じじゃない!

ただ、髪に優しい、負担の少ない薬を
同じように誰にでも使っても同じ仕上がりにはなりません。

もしかしたらちょうどいい人もいたり
仕上がりがあまかったり
すごくダメージが出てしまったりする人もいます。

なので髪に優しい薬がいいということにはならないんですよね・・・

パーマ液には強い物から弱いものまでありますが
それだけではなく、薬の効き目の時間の違いなんかもあったりします。

なので弱い薬を使えば髪が傷まないとかではなく
その髪に合った薬を使うことが髪の負担が少なくなるということが言えるんです。

 

まとめ

パーマって奥が深いんです。

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。