こんにちは、ほしのです☆

今回デジタルパーマでご来店のお客様は
パーマがかかりにくく、いつも弱いということでご相談いただきました。

パーマがかかりにくい理由

  • パーマの工程のうちいずれかが合っていない

デジタルパーマの場合、薬液処理、熱処理、巻き方のどれかが合っていないだけでパーマはしっかりかからない。

  • 髪の状態

髪のダメージ状態によっては、髪に弾力がなくパーマをキープする力がない。

  • カットとパーマが合っていない

パーマで動きが欲しいときは、動きの出るカットをしないとイメージのパーマにならない。

主にこの3つがパーマのかからない、弱い原因だと思っているんですが
お客様の髪の状態は健康毛で、髪質も普通毛だったので
けしてパーマがかかりにくい髪質ではないと思いました。

 

カットを変えるとパーマはかかる

髪は、毛先が重なるほどまとまり、毛先がずれるほど動きがでます。
パーマも毛先が重なっていると動きが出にくく、毛先がずれることで動きが出やすくなります。

お客様のヘアースタイルは、毛先にずれの少なくまとまるスタイルだったので
パーマの動きが出にくく、弱く感じてしまったのではないのかと考えました。

今回は、スタイルチェンジをしたいということで、全体的に動きが出るように
カットをさせていただきパーマをかけました。

 

仕上がり

髪質に左右されることなく、しっかりかかりました。

IMGP2997
実際、パーマの強さはワンカールくらいなので、けして強いパーマをかけたわけではありませんが
カットが変わるだけでパーマの動きが出やすくなり、しっかりかかっているように見えます。

 

まとめ

カットとパーマが連動することで、髪に負担を少なく
しっかりパーマをかけることができます。

髪質はけしてパーマのかかりにくい髪質ではないので
スタイル的にも今までよりパーマの持ちが良く感じると思います。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。