こんにちは、ほしのです☆

パーマが自分で出来ない理由はたくさんありますがやっぱり多い
形が動きにくい状態
パーマが出しにくかったりする場合は気にしてみて下さい。

濡れている状態はパーマが出ている

写真の方は、そこまで強くはないですが
髪を濡らすと毛先にパーマが出てきます。

パーマは基本的に濡れている状態で出るのであれば
パーマはかかっています。

乾かすとパーマが出ないからかけ直しなどをしてしまいがちですが
そうするとさらに髪の負担になってしまったり
強くかけることで思っていたスタイルと違う形になってしまうことがあります。

乾かしてみるとやや毛先に動きがありますが
パーマというよりちょっと広がっているように見えたり
毛先がパサついて見えてしまっています。

どうしてこうなってしまうかというと
カットが動きが出にくいからなんです。

写真を見ると分かりやすいですが
一番下の髪と表面の差があまりありません
そうなると動きが出にくくなってしまいます。

髪は表演から毛先のずれによって動きになり
ずれが少ないほどまとまりになります。

なので動きが欲しい場合仕上がりの形にもよりますが
もう少し毛先の軽いスタイルにしたり
動きが出るように空間を作る必要があります。

こんな感じで乾かすとパーマが出ない時は
まずパーマをかけ直そうとするのではなく
カットで改善できるのかを確認してみて下さい。

今回の場合も段をつけることで
現状よりパーマ感を出すことが出来るようになります。

まとめ

思い当たったらご相談下さい

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。