こんにちは、ほしのです☆

乾かすだけで形になると言われているデジタルパーマ
お手入れが自分でしやすいのがデジタルパーマの特徴なんですが
実際乾かさなきゃいけないの?
乾かさなかったらどうなっちゃうの?
を見ていこうと思います。

そもそもデジタルパーマって

ドライヤーを使ってしっかり乾かしてってよく言いますが
デジタルパーマって逆に乾かさないと形にならないパーマって
思うんではないかと思います。

ですが、デジタルパーマの特徴は、濡れている時も乾いている時も
パーマに差が出にくいというのがデジタルパーマの特徴です。
もちろんドライヤーを使うことでよりパーマが出る場合もありますが
基本的には濡れている状態のパーマには仕上がります。

なので、濡れている時にパーマが出ていないとやっぱり
かかりが弱かったりかかっていなかったりします。

 

自然乾燥してみる

左右で、乾かしたのと自然乾燥したのとで比べてみます。

濡れている状態でパーマが出ているので
しっかりかかっていると思います。

左がドライヤーで乾かした状態

結果

パーマの仕上がり事態にそこまで差はありませんが
毛先のカールの入りが乾かした方がややしっかりしています。

自然乾燥の場合、水分が髪の重さで下に引っ張られるので
根元からのボリュームが出にくくなってしまいます。

ドライヤーで乾かすと水分を含んでいる時間が短いため
自然乾燥よりボリュームが出て仕上がるんですね!

まとめ

 

デジタルパーマは自然乾燥でもパーマは出ます。
ただボリューム感が欲しい場合にはドライヤーを使った方がよさそうですね!


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。