こんにちは、ほしのです☆

先日初めてご来店のお客様さ
デジタルパーマをしていたそうですが
ご来店時の状態を見るとパーマがイマイチ出にくいとのことでした。

濡れている状態でパーマのかかりを見る

ご来店時の状態を撮り忘れましたが
乾いている状態だとあまりパーマ感はそこまでなく
濡らしてみると毛先にしっかりパーマがかかっていました。

カットや乾かし方によってはパーマが出にくく
それによってパーマがかかっていない、かかりが弱いと感じてしまいがちになりますが
実際はパーマはけっこかかってる事が多いです。

今回の場合はやや髪の動きが出ずらいスタイルだったので
少し表面を切ってパーマを出やすくしていきます。

仕上がり

襟の長さは変えずに表面の長さを短くして
動きが出やすく、毛先にCカールのパーマが残るようにしてあるので
かわかすだけでかんたんに仕上がるようになっています。

切る前の方がパーマ感はありましたがそのまま乾かしても
パーマが出にくいスタイルだったので切ってパーマ感が少し弱まりましたが
パーマの出やすさが全然変わってきます。

まとめ

パーマはしっかりかかっていればしっかり出るというモノではなく
切り方とパーマのかけ方で扱いやすさが変わります。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。