こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをかけても動きが出にくいときと
出やすいときの違いはだいたいパーマの強さではなく
カット、段がどれだけ入っているかで動きが変わります。

段が少ないと

濡れていると一見パーマがかかっていますが
あまり段が入っていないスタイルだと乾かした時にパーマが出にくく
思ったパーマに仕上がらなかったりします。

実際乾かしてみると抜てている時のパーマがあまり出ていないのがわかります。

よくパーマが出ない、仕上げにくい時は
大体原因はこの状態が多いです。

段をつけると

長さはあまり変えなくても、少し段をつけるだけで
パーマの動きはかなり変わります。

濡れている状態でも分かりやすいですね!

段が入ったことで毛先が軽く重さの位置も少し上がっています。
こうすることで乾かしときに毛先に動きが出やすくなります。

最初の状態と比べると、段の入り方で
パーマの仕上がりがこれだけ変わってきます。

まとめ

パーマで動きが欲しいときは動きの出るカットをすることで
扱いやすく仕上がります。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。