こんにちは、ほしのです☆

僕らが知っててもお客様が知らない事ってたくさんあると思います。
主にデジタルパーマのブログを中心に描かせていただいてますが
パーマをかけるにあたってなんでカットをしないといけないのか?
以前にも似たようなことを書いたことはありますが
もう一度書いていきたいと思います。

カットとパーマは連動させる必要がある

 

 

これは以前にも書きましたが、カットとパーマは連動して
初めて狙ったパーマスタイルになります。

カットはまとまっているのにパーマで動きを出したり
カットは動いているのにパーマでまとめようとしても
カットとパーマが連動していないので効率が悪いですよね?

まとまっているカットに動きを出すパーマをかけても
動きにくくパーマが出にくいです。
これはよくあることで、濡れている状態でパーマが出ているのに
乾かすとパーマがなくなるという方によくある話です。

カットで動きがあるのにパーマでまとめるというのも
かえって動きがより出やすくなってしまう場合があるので
まずはカットでまとめる必要があります。

というように、カットとパーマが連動していないと
思うようにパーマを楽しむことが出来ないんです。

髪の量でもパーマのかかりはちがう

髪の量を調節するのも大切な一つです。
軽くしたくないから量を減らしたくないということもありますが
髪の量によってもパーマのかかりにムラがでます。

髪が多い所と少ない所で巻いた時の髪の厚みが違い
強くかかる所もあれば弱くなってしまう場合もあります。

なのでパーマの係を均一に近づけるためにも
必要部分の毛量調節は必要になります。

 

まとめ

カットをしないでパーマが綺麗にかかることはほとんどありせん。
なぜならパーマのためにカットされえていないからです。

パーマがかかりにくい、自分で仕上げられないにはなにかしらの理由があると思います。
大体がカットが原因なのでまずそこを注意してみましょう。

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。