こんにちは、RecRe hairのERIです。

 

暑い日が続きますが、昨日・今日は特に暑かったと感じます。
気温が高い+湿度が高いのでジメジメ、べたべたでなかなか寝付けなくなってきました。
だた寝ているだけではなく、質の良い睡眠を取っているでしょうか!?

質の良い睡眠って何?

しっかり寝たのに疲れがとれない、昼間に眠くなるという人もいるのではないでしょうか?
睡眠にもレム睡眠とノンレム睡眠というものがあります。

レム睡眠は体はリラックスしていてゆるんでいても、脳が起きている状態です。
夢をみている状態はレム睡眠になります。

ノンレム睡眠は深い眠りで、体は多少活動していますが、脳は休んでいる状態になります。

深い睡眠をとると、脳がしっかり休める状態にあるので、深い睡眠=質の良い睡眠になります。
寝たのに疲れがとれない・なぜかイライラする・集中力がかけるなどは
脳の疲れがとれていないためです。

 

 

睡眠と髪のつながり

ノンレム睡眠の時に、髪に必要な成長ホルモンが最も多く分泌されます。
睡眠不足が続くと、毛母細胞の分裂が低下しやすくなったり、自立神経が乱れる原因となります。
頭自律神経が正常でなくなると、ホルモンバランスが乱れたり、頭皮の血流が悪くなり抜け毛や薄毛の原因にもつながります。

髪だけでなく、美肌や健康・ダイエットにも成長ホルモンが関わっています。
成長ホルモンは入眠後90分以内にやってくる最も眠りが深くなるタイミングで分泌され、深いほど分泌量が
多くなると言われているそうです。

そう考えるとやはり、いかに質の良い睡眠をとるかは大事ですね!!

 

深い眠りにつくには・・・

◆湯船につかる
眠りは就寝前後で体温の下がり幅が大きいほど深くなるので、体を温めておくといいです。
ただし、温度の高すぎるのはNGです!

◆寝落ちや二度寝をしない
睡眠のリズムを大きく乱してしまうのでNGです

ちなみに私はここ1カ月くらい、必ず夜中や朝方、一度目が覚めてしまいます。
そしてほぼ毎日、夢をみます。
思い返してみれば、寝落ちが気持ちよく寝れるような気がして、きちんとベットで寝なかったり
テレビをつけたまま寝ていました。
まさかの逆効果ですね・・・

◆寝る前の光
寝る前の光を気をつけましょう。
明るい光、蛍光灯、ブルーライトは覚醒作用が大きいので
眠れない原因になるので要注意です!!寝る前のスマホなどは気をつけましょう。

◆日光を浴びる
日光を浴びることで、その15時間後に体内時計を整えて眠気を促します。
メラトニンが分泌されるスイッチが入り、夜に自然と眠れるようになります。

朝目が覚めたらカーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう。

 

アロマオイルの香りでラベンダー・カモミール・ネロリ・イランイラン・サンダルウッドなどは
心を落ち着かせる作用ががるので、寝る前にオススメの香りのようです(*’ω’*)

私はほとんどが寝落ちしてしまうので、これからは髪や肌のためにも
質の良い睡眠がとれるように気を付けていきたいと思います!!

 

 


The following two tabs change content below.
eri

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪
eri

最新記事 by eri (全て見る)