こんにちは、ほしのです☆

今日は、くせ毛だけどパーマがしたい、パーマヘアーに憧れる
なんて方のために書いていきます。

くせ毛の悩み

  • ツヤがなく傷んだように見える
  • 湿気などで広がる
  • 思い通りのヘアースタイルにならない
  • セットに時間がかかる

本当は、パーマをしたいけどかけると余計にパサつく、広がってしまう
なんて思うかもしれません。

そんな方には、

ストデジ(ストレートデジタルパーマ)

ストデジとはその名の通り、髪をストレートにするのと
パーマを同時にすることができます。

気になるくせは伸ばして、好みのカールを作ることができます。

ストレートデジタルパーマをお勧めの方

  • くせ毛だけど思い通りのパーマがした方
  • ツヤやまとまりが欲しい方
  • 普段のスタイリングを楽にしたい方
  • 矯正でまっすぐに飽きてしまった方

 

でも髪が傷むんじゃないの?

傷まないパーマはありません。
薬液を使う以上、髪にはどうしても負担がかかります。

ですが、髪の状態に合わせてダメージを最小限に抑えることはできます。

くせ毛の場合、カラーやパーマをしていなくても
髪の表面が凹凸だったり、捻れていたり、うねっている事により、
光が乱反射するため、パサついて見えるたり傷んで見えたりします。

なので、矯正やデジタルパーマをかけることで、もともとのクセを抑え
まとまりのあるキレイな髪に見せることができます。

普段の手入れでアイロンやコテを使っている方は
その熱で、髪が乾燥してしまったり、固くなったしまったりするので
縮毛矯正やデジタルパーマをかけることで、日々のダメージを減らすことができます。

矯正やデジタルパーマは、しっかりかかっているとかけた部分は
完全に元の状態に元に戻ることはないので、髪が伸びて来ても
毛先の感じが気にならなければ、根元のくせだけをまた伸ばせばいいので
毎回、薬液による毛先の負担も少なくなります。

カラーなどを頻繁にしている方は、髪の状態によって
キレイにかからない場合があります、その時は
ある程度、長さを切らせていただくか、髪の状態が落ち着くまで
時間を空けていただく必要があります。

 

 

※関連記事
デジタルパーマでセットが楽になるの?

デジタルパーマと普通のパーマどっちにするか悩んでいる方へ

デジタルパーマをオススメする3つの理由

 

いつもは矯正だけどストデジをしてみた

うっかり最初の状態の写真を撮り忘れてしまったので
髪を濡らした状態です。

IMG_6857

濡れていると分かりにくいのですが
乾くと表面にややクセがでて
特に前髪の生え際がクセが強いので矯正で落ち着かせます。

髪質は、普通毛で2~3ヵ月のペースでカラーをしていますが
デジタルパーマに影響はなさそうでした。

初めてのパーマということで、イメージをしっかり作りながら
ストデジをしました。

 

仕上がり

矯正で、前髪のクセは落ち着き
表面にはツヤが出てキレイに仕上がりました。

お客様も、イメージ通りになった、デジタルパーマって
ほんとにコテで巻いたみたいになるんですね!

と言っていただけました。

もちろん、スタイルにもよりますが
デジタルパーマはある程度のコテで巻いたくらいのカールに
仕上げることができます。

まとめ

本当はパーマをしたいけど悩んでいる方は多いと思います。

くせを活かして気に入ったスタイルを作ることができれば
一番いいのかもしれませんが、やりたいスタイルによっては
どうしても矯正やパーマが必要になると思います。

その時は、ご相談いただければと思います。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。