こんにちは、RecRe hairのERIです。

 

営業中に、お客様から「白髪が増えてきたけど、そろそろいつものヘアカラーから白髪染めにした方がいいかなぁ?」と聞かれることがあります。
女性にとっては白髪は天敵ですよね・・・

私も自分の頭で初めて見つけた時は衝撃的でした(゜_゜)

 

 

まずカラーと白髪染めの違い

カラー(ファッションカラーやおしゃれ染めともいいます)と白髪染めの違いとは・・・
まず大きな所は、染める対象や目的が変わってきます。

 

ファッションカラー
簡単にいうと黒髪を染めるカラー剤になります。
元々黒い髪を明るくして染料を入れていくので、ブリーチ力はやや強めになります。
ファッションカラーだと、明るい暗いの他にも色々なカラーバリエーションがあるので
出来上がりの仕上がりが、淡い・濃いなども調節でき、鮮やかな発色をできます。

カラー

 

 

白髪染め
カラーリングの一種ですが、その名のとおり主に白髪を染めていくカラー剤になります。
白髪を染めるため、ブラウンの色味を多く配合していて、色素量も多く含まれています。
カラーのバリエーションはファッションカラーよりも少なくなりますが、白髪の部分のもちはいいです。

カラー

 

 

白髪があるからといって、すぐに白髪染めにしなくても大丈夫です!

カラーと白髪染めの違いを説明しましたが、ではファッションカラーで白髪が全く染まらないのか?というと、そういうわけではないです。
ハイトーンなカラーだと難しいですが、やや暗めのカラーならファッションカラーでも白髪はうっすら染まります。

白髪染めの抵抗があるという方は・・・
全体に白髪があるわけでもなく、ちらほら数本見える程度であれば、ファッションカラーでも問題はないと思います。

分け目や生え際にまとまって白髪が生えるていて気になる方は、白髪染めをオススメします。

またファッションカラーと白髪染めのカラーをミックスすることもできますので、最初は白髪染めの薬を混ぜて徐々に変えていくのもいいと思います。

 

 

ハイライトを入れてもOKです!

褪色して、白髪部分が浮いてしまって気になる方は、細かくハイライトを入れると、立体的に見えて更に明るいトーンになるので華やかな印象になります。
ハイライトが白髪と自然になじみ、髪が伸びてきた時の白髪の浮きも抑えます。

 

カラー

 

 

結論

白髪が出てくるタイミングも人それぞれで、何歳からは白髪染めしなければいけない!という決まりもありません。

その方が気になったタイミングで白髪染めに移行するでいいと思います。

白髪が気になって、よく抜いてしまう方がいらっしゃいますが絶対にやめて下さい。

数本でも白髪染めをする方もいらっしゃいますので、気になる方はぜひおっしゃって下さい。

 

必ずしもではないですが、白髪は生え際や分け目に多く出る方が多いです。

自分から見える範囲なので気になりますね。生え際や分け目、つむじあたりに増えてくると白髪染めに変える方が多くなります。

まだ表面になく、内側や髪をめくった中にある方は髪をまとめなければ周りからは目立ちません。

ハーフアップや髪をまとめる方は、意外と目立つのでご注意を!

 

またファッションカラーと白髪染めの違いを説明しましたが、白髪染めの薬はファッションカラーに比べると

バリエーションがやや少なめですが、今はカラーの色も豊富になってきているので 白髪染め=真っ黒になる ということではありません。

いつもブラウン系で染めている方も、季節によって赤味をプラスしてあげたり、またはアッシュブラウンにもできます。

 

ちなみに私事ですが、私は表面にちらほらと顔周りに数本束(後ろはあるかもしれませんが、自分ではあまり見えないので)で白髪があります。

2年くらい前は、カラーをお休みして真っ黒な地毛に戻そうかな~なんて思っていましたが

地毛に戻してしまうと、黒の中に白いものが際立ってしまうので黒髪をやめて、今まで通りやや明るめのカラーにして白髪の浮が目立たないようにしています。

白髪が気になりかけている方・現在もう白髪染めの方・・・

その方に合ったカラーの方法もありますのでお気軽にご相談下さい☆

 


The following two tabs change content below.
eri

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪
eri

最新記事 by eri (全て見る)