こんにちは、ほしのです☆

パーマやコテで巻く理由は、髪の悩みを解決したい
可愛くなりたい、かっこよくなりたい、手入れを楽にしたいなど
様々ですが、髪の対してはどちらが良いのでしょうか?

毎日コテで巻くとどうなる?

コテは、熱によるダメージが起こります。
髪は、乾いている状態で約120℃の熱を加えるとタンパク変性を起こします。
タンパク変性についてはコチラにあります⇒こんなに簡単に!?髪の毛をダメージさせる5つの方法。

一般的にコテで巻く温度は、140℃~180℃を使う方が多いと思います。
それを毎日繰り返すことで、髪はどんどん硬くなり
パサつき、枝毛、切れ毛などの原因になってしまいます。

コテのダメージを減らすためには、巻くときの温度や巻く前にトリートメントをつけるなどして
気をつけなければいけません。

デジタルパーマでダメージを減らす

デジタルパーマは傷む!と思ってかけない方もいると思います。
確かにデジタルパーマは、薬液、熱処理などにより起こるダメージは少なくありません。

しかし、一度かけると長い期間カールをた待つことができるので
毎日髪に熱をあてるコテよりもダメージを少なくすることができると思います。

実験してみた

実際に毎日コテで巻いた髪を作ってデジタルパーマをかけた髪と比べてみます。

IMGP3003

この毛束を、コテで巻いて濡らして乾かして巻いての繰り返しを約30回ほど(1カ月分)することで
毎日コテで巻いた一カ月の状態を作ります。

IMGP3002コチラは、デジタルパーマをかけた毛束です。
かけてから一カ月くらい経ってますが、一緒に濡らしたり乾かしたりを同じ回数くりかえしました。

結果

IMG_5869

コテで巻いた毛束はパサつきが出ました、さらにコテで巻いたことにより少しクセがついてしまっています。
手触りはザラザラして固くなりました。

IMG_5870

デジタルパーマの毛束はあまり変化がでず、その後のダメージはあまりないようです。

デジタルパーマは3~5カ月くらいもつと思うので、更にその分コテで巻いたら
髪の状態は大変なことになりそうですね。

 

コテ巻からデジタルパーマにかえてみた

IMG_7388

今回は、あまり強めや巻髪みたいにはなりたくないとのことで
毛先にワンカールから1.5カールくらいのパーマをかけました。

得意にこのくらいの緩いスタイルにはデジタルパーマが非常にオススメ。

はっきりとしたカールやウェーブはデジタルパーマには再現しにくいですが
最近おおいゆるふわスタイルならデジタルパーマで再現することができます。

IMG_7390

ドライヤーで乾かすだけでいいので
コテで巻く時間なくなるので、朝が忙しいかたにもいいですよ。

 

今までデジタルパーマが向かない髪質と言われていたそうですが
前回のパーマの仕上がりは特に問題なかったと思います。

目的としては、お手入れを簡単にと今後のダメージを減らすためにデジタルパーマをしました。

 

2カ月後

IMG_8306

デジタルパーマをかけてからコテを使わなくなったそうです。

デジタルパーマをかける理由の一つに
コテのダメージをなくしたいというのがあったので良かったです。
デジタルパーマ自体のダメージもそんなに気にならないみたいでした。

IMG_8308

かけてから時間はたっていますがまだまだパーマは大丈夫そう!

もしパーマをかけないで毎日コテで巻いていたらダメージはどうなていたんでしょうね・・・

IMG_8310

 

まとめ

デジタルパーマで作れるスタイルなら一度かけた方がコテのダメージも減らせて
普段の手入れも楽になると思います。

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。