こんにちは、ほしのです☆

パーマをかけたい!っと言っても何か目的があると思います。
パーマをかけるまえに知っておくとご自身に必要なパーマがわかります。

パーマの種類

パーマにはたくさんの種類があります。

主に

コールドパーマ

一般的にパーマといえばコールドパーマ
濡れている時にウェーブが強く出て乾くと緩くなるのが特徴
水パーマと呼ばれていたりコスメパーマやピンパーマ、クリープパーマなどもこの部類

しっかりウェーブのスタイルから根元のボリューム
ブロースタイルなどに適したパーマです。

 

デジタルパーマ

約60℃~140℃の熱を使ってかけるホット系パーマ。
熱処理を行うことで髪にカールを記憶させるので
髪を乾かすだけでカールが簡単に出すことが出来ます。

一般的なパーマと違い大きなカールスタイル向きで
持ちが良いとされていていますが
高温を使うため髪に対する負担は出てしまいます。

ちなみにレクリヘアーでは髪に負担の少ない60℃~80℃の温度で
デジタルパーマをかけています。

エアウェーブ

デジタルパーマと同様で機械を使いますがその違いは温度と風
デジタルパーマは熱の力を使うのに対し
エアウェーブは50~60℃の風を当てながらパーマをかけます。

デジタルパーマをコールドパーマの間?のようなパーマで
根元からしっかりかけることもできコールドパーマよりもちもいいとされています。
温度が低いため髪の負担も少ないと言われています。

デジタルパーマもそうですがエアウェーブもややコールドパーマよりも
施術時間が長くなります。

残念ながらレクリヘアーでは取り扱いしておりません・・・

ストレートパーマ、縮毛矯正

どちらも髪をますぐにするイメージがありますが
同じじゃないんです。

ストレートパーマはパーマ戻しなんて呼ばれたりもしていますが
基本的にもともとの髪のクセは完全にまっすぐにはなりません。
正しくは、ストレートをすると濡れている状態で出るクセは落ち着きますが
乾いた状態のクセまで伸ばすことが出来ないので乾かした時に出るクセが強い方にはあまり効果が出ません。

クセをしっかり伸ばしたい場合には、アイロンによる熱処理が必要になるので
その場合は縮毛矯正になります。

まとめ

パーマといっても様々な種類があり
髪質、仕上がりのイメージ、普段のお手入れによっても
選ぶものが変わってきます。
自分に合ったものを選ぶことで満足のいくスタイルが作れると思います。

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。