こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマを、より素敵に仕上げるためスタイリング剤が必要です。
今日は、デジタルパーマにオススメのスタイリング剤について書いていこうと思います。

スタイリング剤の種類

一言でスタイリング剤といっても、様々な種類や特徴あり
形状やセット力、水分や油分に違いがあります。

主に、ワックス、ジェル、ムース、スプレー、ミスト、クリーム、オイルetc……
などがあります。

自分のヘアースタイルの特徴や髪質に合ったものを選ぶことが大切です。

IMG_4623

 

デジタルパーマに合ったスタイリング剤

まず、デジタルパーマの特徴を知っているとスタイリング剤を選びやすくなります。
まだ見ていない方はコチラ

コールドパーマとデジタルパーマの違い

デジタルパーマは、乾いた状態が一番キレイにカールがでます。
濡れている状態だと、カールが弱くなってしまいます。
乾いた状態で仕上げた方が綺麗な動きが出せるので
あまりウェットな質感のスタイリング剤は、デジタルパーマにはオススメ出来ません。

セット力が強いスタイリング剤も、仕上がりが固くなってしまって
柔らかいイメージが出にくくなってしまいます。

なので、ソフトワックスやヘアクリームなどがオススメです。

IMG_4624

ソフトワックスは、伸びが良く、適度なセット力と保湿性があるので
パサつきを抑え動きを出すことができます。

ヘアクリームは、動きはソフトワックスほど出ませんが
トリートメント効果があり保湿性も高いので
パサついてしまった毛先をしっとり抑えてくれます。

 

 

オススメの仕上げ方

濡れている状態で、ヘアクリームを乾燥が気になる所につけてから
ドライヤーで乾かすと、トリートメントが熱から髪を守ってくれるので
毛先のパサつきを抑えることができます。

しっかり乾いたら、ソフトワックスをつけます。
動きを出したい場合は毛先を中心にもみこみ動きをつけます。
まとめたい場合は、内側から手ぐしでとかすようにつけると
よりまとまりが良くなります

ヘアクリームだけだとセット力があまりないので
時間が経つと毛先から広がってくることがあります。
しっかりまとまりをキープしたい時は、動きを出さない場合でも
ソフトワックスを使うことをオススメします。

 

まとめ

ヘアースタイルや髪質によって使いやすいスタイリング剤は変わります。

セットが苦手だったりうまくできないのも、もしかするとスタイリング剤が合っていない場合があるかもしれません。

いつも使っているのと、ヘアースタイルを変えた後では
同じものがいいとは限らないので、わからない場合は
担当の美容師さんにきいてみて下さい。

 

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。