こんにちは、ほしのです☆

髪を伸ばしたくても肩やクセなどでお手入れがしにくく
伸ばしたいのになかなか伸ばせなかったりしますよね?

前回に引き続き、デジタルパーマのスタイル撮影をしたんですが
その時だけじゃなく、その後のお手入れなどを気にしながらスタイル撮影をしました。

 

 今回のモデルさん

デジタルパーマ

 

髪質は、柔らかめでペタッとしやすく、表面は緩く内側は少し強めのクセがあり
伸ばしたくても肩こえるとハネやすく手入れが大変なので、縮毛矯正をしたり肩上のボブスタイルにすることが多いみたいです。

長さがあれば重さでクセも落ち着きますが、そこに行きつくまでが大変ですよね。

なので今回は長さは残して、デジタルパーマをかけて手入れをしやすく
伸ばしていけるようにしていきました。

 

クセを見ながら巻いていきます。

 

デジタルパーマ

 

毛先だけのパーマだと根元のくせが出てしまい扱いにくそうなので
内側のクセが強い部分は根元までしっかり巻きクセを抑えて扱いやすく
表面はボリュームが出るように中間まで巻いていきました。

デジタルパーマ

 

デジタルパーマはロッドを外すとぐりぐりになりますが
仕上がりはこんなに強くありません。

熱処理が甘いと後からクセが出てきてしまったりするので
髪がしっかり乾いている状態にしないといけません。

 

仕上がり

 

デジタルパーマ

 

後ろはこんな感じです。

表面はフワッと、毛先には動きが出たので、肩にあたってハネてしまっても
そんなに気にならないと思います。

伸びて来ても縮毛矯正と違い、根元のクセと毛先のパーマがなじむと思うので
クセもそんなに気にならずに伸ばしていくことができると思います。

tanakasan

 

髪がやわらかくペタッとしがちでしたが、パーマでしっかりボリュームも出ています。

こーして、あーしてと様々なポーズの要求にも
素適な笑顔で答えてくれました。

 

 まとめ

クセが気になる、伸ばしたいけど耐えられず切ってしまう前に
デジタルパーマかけてみませんか?