こんにちは、ほしのです☆

セルフカラーをしていてパーマを断られたことってありますか?
髪の状態にもよるんですが、セルフカラーをしている場合は
あまりパーマをかけない方がいいと思います。

セルフカラーにパーマをしないほうが良い理由

以前、セルフカラーについて書いた記事があります。
見てない方はコチラ⇒セルフカラーのリスク

 

セルフカラーを繰り返すと、美容室で染めるよりも
髪に対する負担が大きくなります。

髪がダメージしすぎてしまうと、パーマをかけても
カールをキープする力がなくパーマがだれてしまったりします。

もちろん、セルフカラーに限らず髪が傷みすぎていたらパーマはキレイにかかりません。

更に、セルフカラーは自分で染めるので、均一に染まっていないことが大体です。
髪の染まりがムラになっている=髪のダメージもムラになっているということです。

つまり、その状態の髪にパーマをかけると、パーマのかかりもムラになってしまうので
扱いやすいパーマにならない可能性があります。

なので、セルフカラーをした髪にはパーマはあまりやらない方がいいと思います。

 

パーマをかけるためには

セルフカラーをした髪にパーマをするのは髪の状態によっては
お断りさせていただくことがありますが
パーマをかける方法や、今後パーマをかけられるようにしていくための提案をさせていただきます。

髪のダメージによっては、カットをすることで
パーマがかけられるようになるかもしれません。

切る長さによっては、イメージのスタイルよりも短くなることもあります。

ダメージにムラがある場合は、髪の状態が落ち着くまで
様子をみて少しずつダメージをカットしていくことが必要です。

もし、またセルフカラーをしてしまうと
また髪が、傷みパーマが遠のいてしまいます。

まとめ

セルフカラーがいけないわけではありませんが
今後、なりたいスタイルにできないなどの影響が出てしまうことがあります。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。