こんにちは、ほしのです☆

普段営業していると、やっぱりパーマをかけたけどパーマが出にくいって方が多いです
今回も半年前にかけたらしいデジタルパーマをカットで出しやすくしました。

パーマは濡れている状態ででれば基本かかっている

 

本当に半年前にかけたの?ってくらい濡れている状態でしっかりパーマが出ています。
おそらくかけたてはかなり強めにかかってたんじゃないかと思います。

いつも言いますが、パーマは濡れている状態でかかっていればパーマ自体には問題はないと思います。
特にデジタルパーマに関しては、乾かしてもカールが崩れにくいパーマなので
乾かしてパーマが出ないのはカットお動きが出にくい状態になっているんだと思います。

さすがに半年もたつと根元からの重さや、毛先のパサつきなどで綺麗に仕上げられなく
なってしまったりもしますが、今のパーマを生かしてお手入れをしやすく髪を綺麗にしていきます。

仕上がり

毛先の細い部分をとったことでまとまりが良くなり
表面にレイヤーを入れて毛先の動きを出やすくしてあります。

毛先が細いとパサつきや広がり、髪が傷んだように見えてしまうので
切ってしまった方が扱いやすく髪を綺麗に見せることが出来ます。

まとめ

濡れている状態でパーマが出る時は本当にかけ直しが必要なのか?
カットで改善できれば髪の負担も少なくできます。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。