こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマをよりよく仕上げるのに必要なスタイリング剤
一言で言っても種類はたくさんあって何がいいのか
自分にはどれが合っているのか選ぶのが大変ですよね?

今回は、レクリヘアーで扱っているスタイリング剤で
デジタルパーマのスタイリングの質感の違いを見ていきます。

今回使うスタイリング剤

 

左から、スタイルクラブ フォーカールのワックス、ムース、ジェリー
Nドット、スタイリングセラム(ミルクタイプのスタイリング剤)

基本的にこれだけあれば様々な質感を楽しむことが出来ます。

それぞれ、セット力や使用感、仕上がりの質感(ウェット、ドライ)が違ってくるので
選び方も、扱いやすさなのか、仕上がりの質感なのかで選び方も変わってきます。

それぞれを使ってみて質感の違いを見てみます。

まずはデジタルパーマをかける

これはいつもの事なのでざっくり行きます。

薬液をつけ

ロッドを巻き、かみを乾燥させ

外すとくるくる

2剤をつけて

流して終了

何もついていないとこんな感じ!

 

スタイリング剤を比べてみる

 

まずは、ワックスから
ワックスは仕上がりの質感が軽く、ふわっと動きやボリュームが出ます。
ウェーブスタイルよりもカールスタイル向きで
毛先の動きを出したいときや、ボリュームを押さえたいときにもいいですね!

続いてムースは

髪に馴染みがよく、スタイリング剤を使うのが苦手な方にもおすすめ
ややウェットな質感でウェーブ向きのスタイリング剤

ジェリーは、ツヤ感が抜群
ウェットスタイルやツヤツヤにしたい時にはおすすめ
ワックスよりやや重めのスタイリング剤ではありますが
カールから―ウェーブまで幅広いスタイルに使えます。

Nドットのスタイリング剤(ミルクタイプ)は
ほぼほぼトリートメントにセット力があるよなスタイリング剤で
適度なウェット感セット力がありますが
極端にワックスよりはセット力、ジェリーよりもウェット感ツヤ感は少し弱めですが
軽めにつけるとフワッと、しっかりつけるとややウェット感を出せるので
しっかりセットという感じでない方にはいいかも!

まとめ

最近はウェットスタイルが多いですが
自分の使いやすくイメージに合うものが選べると
スタイリングも楽しくなるんではないかと思います。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。