こんにちは、ほしのです☆

デジタルパーマに限らずパーマで失敗してしまった
いい経験がないという声を聞くことがあります。

なんでパーマを失敗すると思いますか?

パーマの失敗とは?

パーマの失敗といってもいろんな失敗があると思います。

  • イメージと仕上がりが違う
  • 自分で仕上げられない
  • 髪が傷んだ

主にこんなところだと思います。
そもそもなんでパーマを失敗するのか知ってますか?

 

イメージと仕上がりが違う

 

なりたいスタイルもしくは提案してもらったスタイルと
なんか違う・・・パーマが強すぎた、弱すぎた
これは完全に我々美容師サイドが原因です。

パーマに大切なことは、カット、薬液、ロッド選定、巻き方
このどれかが違うだけで仕上がりのイメージが変わってきてしまいます。

イメージより髪が短かったらさらに短いスタイルに
長かったら長いスタイルに、ロッドのサイズが違うと強かったり弱かったり
更にはカットとパーマが連動していないと思い通りにパーマが出ないなんてこともあります。

最近は、コテやアイロンで仕上げることが多く
パーマをかける方が少ないということもあり
そうなってしまうとお客様にパーマをかける美容師も少なくなっているということになります。
つまり、美容師のパーマ技術力が不足しているのが原因ということになります。

 

自分でうまく仕上げられない

IMG_0779

自分でうまく仕上げられない原因は
先ほども話した美容師の技術力不足が原因ということもあります。

自分で乾かしたらうまく出ないパーマ(かかりが弱い)
乾かすと広がる、まとまらない(かかりが強い、カットの形など)

他に考えられる原因は、お手入れ方法がパーマに合っていない
ということも考えられます。

スタイリング剤やトリートメント、乾かし方などが
スタイルに合っていないとキレイに仕上がらないこともあります。
自分の髪質やパーマに合ったものを選ぶのが大切です。

あまりセットなどが得意ではない、あまり手をかけたくない方はご自身のお手入れに合った
パーマスタイルを提案してもらうといいと思います。

 

髪が傷んだ

イルミナ

こちらも美容師側の技術にも原因があることもあります。

そもそもまず、傷まないパーマなんてありません。
なのでパーマ=傷むものと思って下さい。

しかし、そのダメージを最小限にすることで
きれいにパーマをかけることができます。

もし髪に合っていない薬液を使用してしまうと
余計なダメージを与えてしまったり、髪が傷みすぎると
髪がパーマの形を維持できなくなってしまいます。

そうなってしまうと、髪が傷んだと感じてしまうと思います。

他にも、元々髪の状態が良くないのにパーマをしてしまうと失敗します。
髪のダメージがあるほどパーマはキレイにはかかりません。

髪のダメージが気になる方は、美容師さんに相談してから大丈夫ならかけてもいいと思います。

ただ、「パーマかけられますか?」ではなく
「ダメージが気になるけどパーマかけたら髪はどうなりますか?」
と聞いた方が仕上がりのイメージがしやすいと思います。

 

まとめ

基本的にパーマの失敗はこの三つだと思います。
パーマをかけてみたい、これからかける方はちょっと気にしてみると
失敗しないんじゃないかと思います。

 


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。