こんにちは、ほしのです☆
やわらかい髪のお客様の話を聞いていると、やはりパーマがかからない
もちが悪いなどを言われます。

パーマのかからない、かかりにくい、とれやすい理由

原因は様々で一丸にこれとは言えませんが

  • 薬液があっていない
  • パーマとカットがあっていない
  • 熱処理があまい(デジタルパーマの場合)

などがありますが、他にも

髪質に合ったパーマではなかったということもあります。

髪がやわらかい方の特徴としては
髪の内部のシスチン結合が少ないことがあります。

シスチン結合とはパーマの1剤で結合を切断し
2剤で再結合させることでパーマの形を作ります。

コールドパーマはこの原理でパーマをかけます。

シスチン結合が少ないということは
パーマの作用する部分が少ないということになるので
コールドパーマの場合、しっかりかからなかったり
とれてしまやすいことがあります。

なぜデジタルパーマなのか?

デジタルパーマも、もちろん薬液を使いますが
さらに、熱の力も使います。

先ほどは、シスチン結合の話をしましたが
髪には、他にも結合があり
デジタルパーマの熱処理は、水素結合という部分に反応します。

水素結合とは、髪が濡れている時に切断され
乾いた時に再結合します。
なのでデジタルパーマの熱処理で
髪を乾燥させることでパーマの形状をつくります。

なので、デジタルパーマは水素結合とシスチン結合に
作用するため、髪がやわらかい髪でもかかりやすくなります。

 

髪がやわらかいからパーマもちが悪い

髪がやわらかいのが悩みのお客様

髪が柔らかくボリュームが出にくい
パーマをかけてもすぐに取れてしまうということで
デジタルパーマのご相談に来てくださいました。

IMG_5106

IMG_5108

デジタルパーマをかけた後は、しっかりかかっていて
動きやボリュームも出ています。

後は、もちがどうかというところでしたが

現在の状態

デジタルパ-マをしてから、一カ月半くらいですが
パーマはしっかり残っていました。

IMG_7276

若干長さが伸びてきているので
ボリュームは少し落ちてはいますが
この調子なら、毛先のカールはとれてしまうということはなさそうです。

質感もあまり変わっていなく
手触りもよくあまり傷んだ感じがしないと言っていただけました。

 

まとめ

ざっくりと書いてしまいましたが
細かく書いてもわかりにくくなってしまいそうなので
詳しく知りたい方はご相談ください。
貴方の髪に合ったパーマを提案します。

コールドパーマでとれてしまいやすい髪でも
デジタルパーマならしっかりもってくれます。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。