こんにちは、ほしのです☆

パーマをかけるにあたってすごく大切なこと、それはカットです!
目的のパーマがかけたかったらそれに合ったカットをしなくてはいけません。

ただパーマをかければいいってものでもなく
カットをパーマでごまかしているということでもありません。

パーマをかける時には必ずカットが必要なんです!

 ウィッグで比べてみる


普通のボブです!

 

一見同じようには見えますが、実は左右でカットが違います。
見た目にはそこまでわかりませんがカットが少し違うだけでパーマの仕上がりにも変化が出るんです。

今回のパーマは左右どちらが良いという話ではなく、カットでこれだけパーマが変わるということを伝えていきます。

デジタルパーマでワンカールに仕上げていこうと思います。

ロッドを巻いてみると違いが分かりやすいですね!

これは巻き込み回数は同じ1.5回転ですが
カットが違うだけでロッドの収まりが変わってきます。

仕上がりにも違いが出るイメージができますよね?

熱処理後、まだ仕上げではありませんがこの時点で重さの位置やカールの入り方が違うのがわかります。
2剤をつけて仕上げてみましょう!

仕上がり

どうですか?パーマの前まではあまり違いが判らないスタイルでしたが
パーマをかけてみるとこれだけ違いが出ます。

 

 

まとめ

最初にも言いましたが、もちろんどちらが良いというわけではありませんが
カットでこれだけパーマが変わるということを理解していないと
思ったスタイルを作ることができないので
パーマにはカットが大切だということがわかると思います。


The following two tabs change content below.
Hossy

Hossy

デジタルパーマが得意なほっしーです☆昔からボリュームや動き・柔らかさのあるヘアスタイルが好きでパーマに興味を持ち始めました。今ではカットやカラーでは表現できない幅広いパーマスタイルの虜です!そんなパーマの魅力を多くの人に知ってもらうため日々ブログを更新しています!!全く話が変わりますが、自分の魅力を引き出すため、ダイエットに挑戦中です。。。