こんにちは、RecRe hairのERIです。

 

先日、前髪の巻き方~コテで前髪がうまく巻けない方編~のブログを書きましたが、今回はコテで前髪を巻く際の注意点を書いていきたいと思います。

 

前髪の巻き方。~コテで前髪がうまく巻けない方編~

 

コテで巻く時に、なかなかうまくいかない・変な跡がついてしまうというお客様のお悩みをよく聞きます。

ご自身で巻く際に意外と注意していただきたい点を書いていきたいと思います。

 

 

コテで巻いた時に、ボヨン!と前髪がなってしまう。ボリュームがですぎてしまう。

こちらは前髪を引き出すステム(角度)が、高すぎていないでしょうか!?

コテでやけどしたくないあまりに、前髪の角度を上にあげ過ぎてしまうと、前髪を下した際にカール感が強くなりすぎてしまいます。

コテで巻く際はステムに注意しましょう!

 

 

写真のようにかなりボリュームが出すぎてしまいますが、前髪を持ち上げる時に角度が低すぎると、おでこをやけどしてしまうのでご注意を。

 

 

 

前髪にカクンと後がついてしまう。

 

毛先をコテで挟んだ際に、巻き込んでいきますが、毛先を挟んだままコテを後ろの方に戻してしまうと前髪にカクっという後がついてしまいます。

文章ではわかりづらいので写真で見ていきます。

 

こちらは正しい方です。

引き出した毛束のまま巻き込んでいきます。

 

 

ではこちらは誤った使い方。

コテで毛先を挟んだのにも関わらず、頭皮側に少しコテを傾けてしまうと跡がついてしまいます。

 

最初に言った毛束の角度を途中から上げようとすると、前髪に跡がつきやすくもなります。

 

ちなみに一度ついてしまったくせは、濡らしてもう一度乾かさないと治らないので気を付けて下さい。

 

また、コテで前髪を巻く際は必ず髪の毛が乾いている状態で巻きましょう!

コテの温度は160~180℃がベストです。

 

コテで前髪を巻く際は、ぜひ参考にしてみて下さい☆

 

 

 


The following two tabs change content below.

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪