こんにちは、ほしのです☆

矯正をした髪にパーマをかけるとしたらデジタルパーマですがリスクがかなりあります。
以前、矯正毛にデジタルパーマをかけさせていただいたお客様、半年後の状態。

ご来店時

矯正をしていなければもう少しカールが出やすかったかもしれませんが
それでも少し動きが残っています。

カラーも間にしているので髪は頑張ってくれていると思います。

もともとはずっと縮毛矯正をされていて約3ヵ月に1回のペースでされていたそうですが
デジタルパーマに変えてから根元のクセがそんなに気にならなくなり縮毛矯正はもうずっとしていない状態です。

なので少しづつ髪の状態も良くなってきているのでもう半年くらいで
もっときれいなデジタルパーマがかけられるようになるんじゃないかと思います。

矯正からデジタルパーマに変えることで

 

縮毛矯正をしているとどうしても根元が伸びてきた時にクセが気になってくると思います。
そうなるとかけ直しが必要になります。

周期が短いほど髪の負担も大きく平均すると3ヵ月くらいの周期で縮毛矯正をされる方が多いと思います。

デジタルパーマの場合元々のクセの度合いにもよりますが
毛先にもカールをつけるので根元のクセとなじみやすく
伸びて来ても矯正ほど気になりにくくなります。

もちろんストレートが好きという方には向いていないかもしれませんが
デジタルパーマならある程度周期を開けることもできるので
髪の負担も減らすことが出来ると思います。

まとめ

クセが気になるけど傷みも気になるという方は
デジタルパーマがオススメです。

スタイルチェンジもかねてご相談ください。