こんにちは、RecRe hairのERIです。

 

髪の長さが変わらなくても、顔周りの髪を少し変えるとなんだか雰囲気が変わります。

特に前髪は少しの長さや形が変化しただけでも感じます。

ぱっつん前髪の方もいらっしゃいますし、透けるようなシースルーバングの方や長めの前髪にして流す方もいます。

とくに前髪を伸ばしている方は、長さが中途半端で顔にかかってうっとおしいですよね(>_<)

顔に前髪がかかって前が見えない、疲れてるみたいに見える・・・暗く見える・・・

前髪を伸ばしていたり、いつも長めの前髪にしているお客様からどうしたらいい?とご相談されることがあります。

いくつかアイテムを使って、ボサボサバングから脱出しましょう!

 

では早速自分の前髪で・・・

私の今の前髪はあごラインくらいの長さです。何もしないと、ぺしゃっとなりボサボサです。

ちょっと整えても右の写真のような感じです。

前髪があごくらいあると、耳にかけてしまうことが正直多くなってしまいますが

耳にかけると顔周りがピシッとしてしまうので、なるべく下すようにしています。

 

 

 

カラー編

マジックカラーを前髪に巻き付けます。

メイクや朝の準備をしている間につけておくだけで、とっても簡単です♪

アレンジ

 

ポイントとしては、に巻き込むのか後ろに巻き込むのか。

 

 

【長めの前髪】アレンジ

私のように前髪が長めの方は、写真のように後ろに向かって巻きます。

ちなみにカラーは前髪が1回転半くらいする太さのものを使っています。

前でも構いませんが、後ろに巻く方が根元が立ち上がり、前髪をかきあげて流した時に自然に流れます。

 

 

7分くらいつけていて外すとこんな感じです。カールが強すぎず、ナチュラルに流れています。

imgp5655

 

 

 

【頬くらいの長さの前髪】imgp5673

目~頬くらいまでの長さの方は、写真のようにに向かって内巻きます。

長さによっては後ろに巻いてもいいですが、短かめで後ろ側に巻いてしまうと、カラーをはずした時に前髪が大変なことになってしまいますのでご注意を。

 

何もしないと下に落ちて来てしまいますが、毛先に流れがついていることで流れやすくなります。

アレンジ

 

 

 

カールアイロン編

カールアイロンで毛先を巻いていきます。

①まず前髪を少し前に引き出し、コテで挟みます。

この時、挟んだ毛先が上を向いていることを確認してください。

 

②そのまま毛先までコテを滑らせ、毛先を少し上に返しながらコテを抜いていきます。

ハの字をイメージするとやりやすいと思います。

 

 

カ―ルアイロンで巻いた方が熱を使っているので、カールがしっかりつきます。

しかし、毛先を巻き込みすぎると前髪がぐるんぐるんになってしまうので気をつけて下さい。

imgp5668

 

 

 

巻終わったら・・・

巻き終わったら、ヘアスプレーをつけてあげましょう。

スプレーをかけてあげた方が毛先のカールがキープできます。

特にマジックカラーで巻いた時は熱を使っていない分、カールアイロンで巻いた時よりもとれやすくなります。

あまり近い所からかけすぎず、少し離してつけてあげて下さい。

 

 

まとめ

カールアイロンが苦手な方や初心者の方は、マジックカラーがおすすめです。

カールアイロンは一度失敗してしまうと、カールがしっかりついていて濡らさないと取れないことが多いので何度か練習してみて下さい。

また長め前髪でサイドに流す場合は、根元の立ち上がりも大事になります。

 

伸ばしかけの前髪、うっとおしい長さの前髪、ボサボサで前がよく見えない前髪・・・

毛先に流れをつけてあげて、おしゃれ前髪に変身させましょう!!

 

imgp5670

 

 

 

 


The following two tabs change content below.

eri

カラーとアレンジが大好きなERIです♪ 美容師を志したきっかけは、自分の髪にコンプレックスがあったから☆ 同じように髪コンプレックスで悩んでいる人の力になりたい!お客様ひとりひとりの魅力を引き出したいっ!!と日々奮闘中です。 好きな事は、食べること。寝ること、ゴロゴロすることです。キレイな海も大好きです♪