こんにちは、ほしのです☆

 

パーマが強いのってちょっと怖いイメージがあると思いますが
デジタルパーマの場合強めにかけてもそこまで強くなりすぎてしまうわけではなく
扱いやすく、もちのいいパーマになります。

 

なぜ強めのパーマでもちと扱いが良くなるのか?

 

まず、強いパーマ(ロッドを巻き込む際に回転数が多い)と
仕上がりの形状がウェーブ上に仕上がります。

ウェーブが強いほどパーマがだれにくくなる上パーマがなくなる所まで切らない限り少しずつ
ウェーブはなくなっていきますがパーマはすぐにはなくなりません。

扱いについては、ご自身で乾かすのって難しいですよね?
パーマを出そう出そうと乾かしてもなかなか上手くいかないスタイリング剤を使わないとパーマが出せない。

ということを強めのパーマは解消してくれます。
少し強くかかっているとご自身で乾かしてもパーマが崩れにくく
乾かし方に気をつけなくてもしっかりパーマが出てくれます。

なのでパーマをかける際にはしっかり目でかけることをおすすめします。

 

強めのパーマでもグリグリになる心配はない

 

デジタルパーマの場合強めにかけるとしても
元々のロッドの大きさは大きめなのでグリグリにかかりすぎる心配はありません!

パーマを強めにかけたらかかりすぎて大変だったという経験が多い方もいらっしゃると思いますが

 

 

強め=グリグリというわけではありません!
こちらのパーマも大き目のロッドでかけているので動き自体いは大きめですが
しっかり目にかかっているので、スタイリング剤が無くてもこのくらいのパーマ感に仕上がります。

イメージのスタイルは短めですがもちろんロングスタイルにもちょっと強めが扱いやすくておすすめです!

 

まとめ

 

デジタルパーマを少し強くしてあげることでもちが良く
自分で仕上げやすいパーマに仕上がります!