こんにちは、ほしのです☆

 

パーマスタイルをよりオシャレに楽しむために欠かせないスタイリング剤
意外とパーマかけたらそのままでいいみたいなイメージもあるかもしれませんが
使う使わないでは仕上がりの質感や動きが全然変わってきます。

 

ヘアカタログなどはばっちりセットしている

 

最初に、ヘアースタイルを決める際に、ヘアカタログなどでヘアスタイルを探すことが多いと思います。
そこで、やりたいスタイルが決まったりすると思うんですが

例えば、ヘアカタログにはカットパーマとなっているとそれをやればそのスタイルになると思いがちですが
実際はパーマをかけた後にスタイリング剤などでしっかりスタイリングをして仕上げているので
なりたいスタイルにするためには、スタイリングまでが必須ということになります。

 

なりたいイメージや質感で選ぶスタイリング剤も変わる

カールスタイル、ウェーブスタイル、パーマの強さや仕上がりや
ウェットっぽい質感柔らかい質感などで選ぶスタイリング剤は変わってきます。

 

ウェーブスタイルやウェットっぽい質感に仕上げる場合はムースがオススメ

ムースは馴染みやすくウェーブなどしっかりかかったパーマを
出しながらもパサつきは抑えてくれるので質感を作りながら広がりをキープしてくれます。

ウェット系仕上げにもいいと思います。

 

 

毛先のカールやボリューム、ふんわり感のあるスタイルはワックスがオススメ

ワックスは水分が少なく軽い仕上がりなので毛先の柔らかい動き
弾力のあるボリューム感を出すことが出来ます。

毛先の束感が出るのでつけることでより軽さやまとまりを出すことが出来ます。

というように、スタイリング剤はヘアスタイルで変わってくるので
合ったものを選ぶとスタイリングがしやすいのももちろん好みの質感に仕上げる音が出来ます。

 

まとめ

スタイリング剤はなりたいイメージを作るのに必要なものになるので
自分のなりたいはどれを使えばなれるのか分からない時はご相談下さい。