こんにちは、ほしのです☆

今回ご相談いただいたのは、先月デジタルパーマをかけたけどちょっとイメージと違う
もう少しパーマ感がほしいということで見ていきたいと思います。

 

ご来店の状態

パッと見て毛先にカールがあるのは分かります。

何も話を聞かずにこの状態を見ると、全体的に落ち着いたスタイルで
毛先にカールをつけることでまと目安くしているのかなという感じなんですが
話を聞いてみると、もう少しパーマ感が欲しいということでした。

パーマは主に毛先の動きがkさなり合うことで動きが出ます。

今回の場合毛先のずれがあまりないので動きにくくパーマが出にくいのが原因だと思われます。

 

髪を濡らしてパーマチェック

現状のパーマが実際どのくらいかかっているかは濡らして確認します。

乾かすとなくなってしまうパーマも濡らすと復活します。
その状態でどのくらいパーマがかかっているのかを確認します。

乾いている状態と比べると毛先のパーマはしっかりかかっているようですが
ヘアスタイルの影響でパーマが活かしきれていない感じですね!

残っているパーマに合わせて毛先のずれを作ることで
今よりもう少しパーマ感が出せそうですね!

 

カット後

残っているパーマに合わせた場合、切りすぎてしまうとパーマがなくなってしまうため
今回は少しずれを作って毛先の動きを出しました。

パーマは基本、カットに合わせてかけていくので
パーマに合わせたカットをした場合、パーマのかかり具合によってはあまり切れないので
限界がありますが、それでもカット前と比べると動きを出すことが出来ます。

やりたいスタイルによってはパーマのかけ直しも必要な場合もありますので
カットだけで改善出来ないこともあります。

まずは現状がどうなっているかを確認することが凄く大切ですね!

 

ご相談ください

パーマをかけたけどうまく出せない,イメージと仕上がりが違う
などの原因は主にカットにあるので、決してお手入れが間違っている
上手くできていないということではないと思います。

まずは現状を見させていただければ今より扱いやすい状態に
必要であればパーマのかけ直しなどの提案をさせていただきますので
ご相談いただければと思います。