こんにちは、ほしのです☆

パーマがかかりにくい、すぐとれてしまうという経験よく聞きます。
原因は様々ですが大体の原因はカットとパーマが連動しているか?
によるものが多いです。

パーマがかかりにくいというご相談

ここの所、パーマをかけても一度ではなかない上手くかからず
だいたいかけ直しをすることが多いそうです。

かかりにくいからデジタルパーマにしているそうですが
それでもなかなか改善されていないみたいでご相談を受けました。

お客様の髪質はしっかりしていてダメージも少ないので
確かにかかりにくいこともありますが、まず
ダメージが原因でかかりにくいということはなくなります。

他の原因としては、薬液の強さやカットによるものだと思います。

2回かければかかっていたということはもしかしたら薬剤が原因かもしれませんが
かけ直す際に気にしてもらいたいのが
かからなかったから前回よりもパーマの巻き込み回数を増やすのか?

巻き込み回数を増やすということは、単純にパーマの動きが多く出ますが
最初に狙ったスタイルとはもしかしたら違うことになってしまいます。

パーマかけ直したらかかったけど思ったよりも強くなった
という経験がある方もいると思います。

そんな時はもしかするとカットとパーマがあっていない可能性があります。
パーマはカットに合わせて動くので、動きの出にくいカットだとパーマも動きにくくなります。

その状態でパーマを動かそうとするとパーマを強くして動かすしかなく
その為仕上がりが思ったより強くなって恵しまいます。

カットとパーマを合わせることで

濡れている状態を見るとパーマの係がわかります。
濡れている状態でパーマが出ていればかかっています。

しかし、カットと合っていないとパーマは出にくく
強いパーマがかかっていると予定と違うスタイルになります。

カットとパーマが合えば必要以上の薬液を使わなくてもかかるので
ダメージも減らすことができ、扱いやすい仕上がりになります。

まとめ

パーマの係が悪いのは、薬液の場合もありますが
大体の原因はカットのことが多いです。