こんにちは、ほしのです☆

パーマが嫌になっていまう原因の一つ「かかりすぎ」
かかりすぎると圧課にくかったりイメージと違ったりで
一度やってしまうと嫌になってしまいますよね!

パーマのかかりすぎの原因

パーマは薬液とロッドで基本的には形を作っていきますが
かかりすぎにもいろんな原因があります。

巻く回転数が多いほどウェーブが強くなり少ないほどウェーブが弱くなります。
イメージの回転数以上巻いてしまうと仕上がりはイメージよりもウェーブが強くなってしまうので
ロッドの回転数はすごき大事な所です。

薬液の強弱、髪の状態に合ったものをつ会うのがベストなんですが
髪質やダメージ度合いによって薬液の反応が変わってきます。

必要以上の薬液を使ってしまうとパーマが強く入りすぎてしまう原因にもなります。

 

多い失敗

個人的にパーマのかかり過ぎによる失敗で多いのは
けっこうダメージをしてしまっている髪(パーマカラーを繰り返している)

ダメージ毛は薬液選びが難しくなってきます。

髪はダメージがすすむと髪の毛たちを維持しにくくなってきます。

その為パーマをかけてもパーマをキープする力が少なく
パーマしっかり出ない場合(分かりにくい)その為パーマがかかっていないと
さらに強い薬液などを使用することで必要以上のダメージを受け
髪がチリついてしまいパーマがかかりすぎた印象に感じることがよくあります。

 

ご相談ください

パーマがかかりすぎてしまう原因のダメージは
今しぐパーマをかけたいと思っていても上手くかからないことがあります。

綺麗にパーマをかけたい場合は、普段からカラーのぺース
全体に染めるのか根元だけにするのかなど今後のパーマの事を考えながら
やっていく必要があります。

そういったことまで含めて今後のパーマを提案させていただきますので
お気軽にご相談いただければと思います。